物語る私たち screen ジャック

公式サイト: http://monogataru-movie.com/

秘密には、うちあけたくなる魔力がある。女優サラ・ポーリーが探る、自らの出生と亡き母の恋。【1週限定上映】

【原題】Stories We Tell
【監督】サラ・ポーリー
【キャスト】マイケル・ポーリー,ハリー・ガルキン,スージー・バカン,ジョン・バカン,マーク・ポーリー
2012年/カナダ/108分/ユーロスペース/DCP上映

オンラインチケット購入はこちら
12月13日(土)〜12月19日(金)
14:05〜16:00
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,000
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
パンフレットをネットショップで販売中

ポーリー家のとびきりの秘密、教えます。

1970年代のダイアン・ポーリーは太陽みたいに明るくて、無邪気だった。そんなダイアンが愛する夫と5人の子どもたちを残し、若くして亡くなったとき、末っ子のサラはまだ11歳兄姉たちは言った。「サラだけがパパに似てない」。
それは、ポーリー家のおきまりのジョーク。でもサラは、ほんの少し不安になる。本当のパパはパパじゃないのかもしれない。いつしかサラは、ママの人生を探り出す。
その時みんなの口からあふれ出したのは、サラの知らない母・ダイアンの秘密の恋だった_。

初長編監督作『アウェイ・フロム・ハー 君を想う』はアカデミー賞ノミネーションと、ほとばしる才気をみせ続けるサラ・ポーリー。
彼女は本作で、監督・女優であるばかりでなく、誰よりも明晰でときに辛辣な「探偵」になった。
ともすれば家族に悲劇をもたらし、彼女自身を深く傷つけかねない驚くべき事実を探り、持ち前のウィットとユーモアで軽妙に描きだす。人生を鮮やかに彩る恋と機知、原色のノスタルジー。
そして少しばかり奔放過ぎた母へのあふれんばかりの愛情が、言葉の真の意味における傑作を生みだした。
人生万歳!

「物語る私たち」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)