ジェラシー screen ジャック

公式サイト: http://www.jalousie2014.com/

愛と嫉妬に取り憑かれた、すべての恋人たちのために。フィリップ・ガレル監督作

【原題】La jalousie
【監督】フィリップ・ガレル
【キャスト】ルイ・ガレル,アナ・ムグラリス,レベッカ・コンベナン,エステル・ガレル
2013年/フランス/77分/boid,ビターズ・エンド/DCP上映

オンラインチケット購入はこちら
10月18日(土)〜10月24日(金)
13:30〜14:50
21:10〜22:25 [レイト]
10月25日(土)〜10月31日(金)
15:30〜16:50
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,000
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
★[レイト]回はレイトショー割引
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
会員 ¥1,200 ¥1,000 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000

くりかえされる、愛の物語

孤高の映画作家、フィリップ・ガレルの最新作

13歳で初めて8ミリ映画を製作、16歳のときに発表した短編によって映画史家ジョルジュ・サドゥールから「神童」と讃えられ、ヌーヴェルヴァーグの"恐るべき子供"として注目を集めたフランスの映画作家フィリップ・ガレル。1991年、ヴェルヴァット・アンダーグラウンドの元メンバーにして"運命の女性"ニコとの思い出を刻み付けた『ギターはもう聞こえない』でヴェネチア国際映画祭銀獅子賞を受賞、その後も『愛の誕生』『夜風の匂い』『恋人たちの失われた革命』(第62回ヴェネチア国際映画祭銀獅子賞受賞)『愛の残像』『灼熱の肌』など数々の傑作を手がけてきたガレル監督の、待望の最新作。

モノクロの美しい映像とともに、リアルなフランス恋愛映画が誕生した

恋愛、結婚、離婚をくりかえしつづける男と女。離婚した親とその恋人の間をさまよう子どもたち。そこでは"愛している"という言葉だけが空虚にくりかえされる。彼らのいう愛とは何なのか。なぜ彼らは愛を求めて漂流しつづけるのか。世代を超え、愛の誕生と崩壊を描いてきたフィリップ・ガレル監督が、芸術と愛に生きる一組のカップルの間で起こる感情の変化を、美しく繊細に、そして徹底して無慈悲にとらえた本作。撮影監督ウィリー・クランによるモノクロの美しい画面のなかに、愛と嫉妬に狂う恋人たちの姿が浮かび上がる。リアルなフランスの恋愛映画がここに生まれた。

映画と交錯するフィリップ・ガレルの人生

1960年代から現在まで活躍を続けるフィリップ・ガレルは、その作品のなかに自身の人生を反射させつづけてきた。『ギターはもう聞こえない』(1991年)では88年に急逝したニコとの生活を描き、2005年の『恋人たちの失われた革命』では 68年のパリ5月革命に挫折した自身の姿を愛息ルイ・ガレルに演じさせた。最新作『ジェラシー』は、処女作から彼のほとんどの作品に出演した父モーリス・ガレル(2011年没)の30歳の頃の物語であり、彼の実の家族 息子ルイ、娘エステル(ルイの妹役)、妻キャロリーヌ・ドリュアス(脚本) がその物語を彩る。私的な記憶から生まれた物語のなかに、世界中でくりかえされる愛と嫉妬のドラマがオーヴァラップしていく。

「ジェラシー」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)