思春期ごっこ screen ジャック

公式サイト: http://www.sishunki-g.com/

女子校、中学三年生、あの夏の物語。美しい映像で綴られた少女たちのきらめきと心の揺れ

【監督】倉本雷大
【キャスト】未来穂香,青山美郷,川村ゆきえ,逢沢りな,伊藤梨沙子
2014年/日本/90分/アルゴ・ピクチャーズ /DCP上映

オンラインチケット購入はこちら
10月25日(土)
13:30〜15:00
10月26日(日)〜10月31日(金)
18:40〜20:15
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,000
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
前売り券を1,400円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)、ネットショップ(10/21(火)まで)
前売り券特典:【青山裕企撮影特製ポストカード】※数量限定
・10月25日(土)舞台挨拶決定!
登壇ゲスト:未来穂香さん、青山美郷さん、倉本雷大監督
当日9:30より整理番号付き当日券を販売(前売券をお持ちの方も引き換えが必要です)

パンフレットをネットショップで販売中

繊細で傷つきやすく、何よりも純粋だった少女たちの多感な季節。
お互いがすべてだった。決して戻らない、あの夏の日・・・日本映画史に残る青春少女映画が誕生しました。

中学三年生の鷹音と三佳、高校進学で離ればなれになる前のきらめいた青春時代。
美術学校に進学したい鷹音は、お気に入りの小説「思春期ごっこ」を読みふける三佳をモデルに絵を描いていた。唯一無二の親友の二人。静かで濃密な夕暮れの時間。きっとこの関係性は永遠に変わらない、そう思っていた。
ある時三佳は、通いつめていた図書館で、司書となっていた「思春期ごっこ」の作者・奈美江と出会う。
同じ中学の出身で、在学中に小説を出版した奈美江に強い憧れを抱いていた三佳は、次第に彼女との時間を優先するようになる。置き去りになった鷹音の心は嫉妬に満ちていく。しかし三佳が初めて書いた小説を奈美江に渡したことから、二人の関係性は大きく変わっていく・・・。

繊細で傷つきやすく、何よりも純粋だった少女たちの多感な季節。お互いがすべてだった、決して戻らない、あの夏の日・・・日本映画史に残る青春少女映画が誕生!

三佳への想いや、奈美江への嫉妬心から葛藤する鷹音役に、雑誌「non-no」の専属モデルとして活躍し、TVドラマ「鈴木先生」等で注目を集める未来穂香が抜擢。夢と現実の狭間で挫折し、成長していく三佳役には、演劇集団・劇団ハーベストのリーダーを務め、映画「円卓」での演技も評価の高い青山美郷。二人の若き女優が、大人になるまでの少女特有の繊細な心の機微を見事に表現した。
また、過去の栄光から抜け出せない元小説家・奈美江を、グラビアだけでなく映画女優としても活躍がめざましい川村ゆきえが演じ、理想だけでは生きられない大人の女性を体現している。監督は、本作が長編映画デビューとなる25歳の新鋭・倉本雷大。そして、メインビジュアルを撮りおろした写真家・青山裕企との絶妙なコラボレーションにより、美しく儚い少女たちのきらめく世界観を作り出している。また、アニメ声優としても活躍のタカオユキが奈美江の同僚として女優デビューを果たしている。
少女の持つ純粋さ、繊細さ、残酷さ、そして傷つきながらやがて大人になるその一瞬を捉えた、切なく美しい青春少女映画が誕生した。

「思春期ごっこ」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)