悪童日記 screen ベティ

公式サイト: http://akudou-movie.com/

僕らは書き記す。この眼に映る、真実だけを。亡命作家アゴタ・クリストフの 衝撃のベストセラー、遂に映画化!

【原題】A nagy fuzet
【監督】ヤーノシュ・サース
【キャスト】アンドラーシュ・ジェーマント,ラースロー・ジェーマント,ピロシュカ・モルナール,ウルリッヒ・トムセン,ウルリッヒ・マテス
2013年/ドイツ,ハンガリー/111分/アルバトロス・フィルム/DCP上映

オンラインチケット購入はこちら
11月22日(土)
09:50〜11:45
14:00〜15:55
11月23日(日)〜11月24日(月)
09:50〜11:45
11月25日(火)〜11月28日(金)
09:50〜11:45
14:00〜15:55
11月29日(土)〜12月05日(金)
12:10〜14:05
12月06日(土)〜12月07日(日)
17:45〜19:45
12月08日(月)〜12月12日(金)
11:45〜13:45
17:45〜19:45
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,000
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
パンフレットをネットショップで販売中

「“汝、殺すなかれ”って言うけど、みんな、殺してる。」
冷酷な現実をサバイバルする双子の兄弟。
倫理を超えて魂を揺さぶる感動の物語。

第2次世界大戦末期、双子の「僕ら」は、小さな町の祖母の農園に疎開する。粗野で不潔で、人々に「魔女」と呼ばれる老婆の下、過酷な日々が始まった。
双子は、生きるための労働を覚え、聖書と辞書だけで学び、様々な“練習”を自らに課すことで肉体と精神を鍛えていく。
そして、目に映った真実だけを克明にノートに記す――。
両親と離れて別世界にやってきた双子の兄弟が、過酷な戦時下を、実体験を頼りに独自の世界観を獲得し、自らの信念に基づきサバイバルしていく。
なんとしても強く生き抜く彼らのたくましさは、倫理の枠を超えて見るものを圧倒し、希望の光をも示してくれるだろう。

ハンガリー出身の亡命作家アゴタ・クリストフによる原作は、彼らの日記という体裁をとり、殺人も躊躇しない彼らの行動が簡潔につづられたもの。
1986年にフランスで刊行されるとほぼ口コミによりベストセラーとなり、40カ国以上の国で翻訳され、全世界そして日本を熱狂の渦に巻き込んだ。
数々の文学賞に輝いた珠玉の小説の映画化は、これまでポーランドのアグニェシュカ・ホランド監督(『ソハの地下水道』)や
デンマークのトマス・ヴィンターベア監督(『偽りなき者』)などが映画化権を獲得しながらも、現実に至らなかった。
この、映像化不可能と言われてきた作品が、遂に出版から30年を経て、見事に映画に変換された。
作家の故郷であるハンガリーのヤーノシュ・サース監督が遂に映画化した本作は、カルロヴィ・ヴァリ映画祭でグランプリを獲得したほか
、 アカデミー外国語映画賞のハンガリー代表にも選ばれた。また、名撮影監督クリスティアン・ベルガー(『白いリボン』)のカメラが、
田園の美しい陽光とともに、人間たちの心の闇を、陰影深く描き出している。

「悪童日記」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)