花宵道中 screen ベティ

公式サイト: http://hanayoidouchu.com/

たとえ叶わぬ恋だとしても、美しい花を咲かせたいー。安達祐実が吉原遊女の生き様を体当たりの演技で魅せる!

【監督】豊島圭介
【キャスト】安達祐実,淵上泰史,小篠恵奈,三津谷葉子,多岐川華子
2014年/日本 /102分/東京テアトル/DCP上映

オンラインチケット購入はこちら
12月27日(土)〜12月30日(火)
14:10〜16:00
20:05〜22:00 [レイト]
12月31日(水)
14:10〜16:00
1月02日(金)
14:10〜16:00
20:05〜22:00 [レイト]
1月03日(土)〜1月09日(金)
16:30〜18:15
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,000
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
★[レイト]回はレイトショー割引
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
会員 ¥1,200 ¥1,000 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
・12/28(日)14:10回上映前、
 豊島圭介監督による舞台挨拶あり。

パンフレットをネットショップで販売中

心から愛する人に始めて触れられ、
愛された喜びは、いつの時代だって変わらないもの

江戸時代末期の新吉原。囚われの身ながらも地道に働き、間もなく年季明けを迎えようとしていた人気女郎・朝霧は、縁日で半次郎という青年と出会う。幼い頃に母から受けた折檻のつらい記憶から、心を閉ざし空っぽな日々を送っていた朝霧だったが、半次郎に生まれて初めて胸のときめきを感じ、今まで知らなかった女性としての気持ちが徐々に目覚めていく。しかし、過酷な現実が彼女の運命を大きく変えてしまう――。

2006年に第5回「女による女のためのR-18文学賞」にて大賞・読者賞をW受賞した宮木あや子による「花宵道中」。遊女たちの甘美で切ない生き様を、赤裸々かつ繊細な筆致で描き、女性から多くの共感の声が寄せられ、12万部のベストセラーとなる。その後、漫画化されるとさらなる話題を呼び、累計30万部を超えるヒットを記録。そして、遂に2014年映画化が実現!

宿命に翻弄されながらも一途な恋を貫き通す主人公・朝霧を演じるのは、高い演技力と存在感で知られる国民的女優・安達祐実。芸能生活30周年を迎えるにあたり、今までのすべてを捧げ、時に妖艶に、時に生娘のように演じ分け、濡れ場では大人の女優としてさらなる高みをスクリーンに刻み付ける。半次郎役には映画『ぼっちゃん』での演技が高評な淵上泰史、妹女郎役に小篠恵奈が扮するほか三津谷葉子、多岐川華子、立花彩野ら若手女優陣が彩りを添え、高岡早紀、友近、津田寛治らベテラン個性派共演陣が脇を固める。そして、メガホンを執ったのは、TVドラマ「マジすか学園」、映画『裁判長!ここは懲役4年でどうすか』など、幅広いジャンルの作品が代表作に挙がる新鋭・豊島圭介監督。これまで数々の遊郭を舞台にした名作が生まれてきた東映京都撮影所で、官能純愛絵巻に挑む。また、その朝霧の心象風景にシンクロした黒色すみれによるエンディングテーマ「ラピスラズリ」が深い余韻を残し、ラストを彩る。
逃れられない運命のうねりの中で、一生に一度の恋が咲き乱れる

関連映画
「花宵道中」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)