父をめぐる旅 異才の日本画家・中村正義の生涯 screen ジャック

カウンターカルチャー沸騰の時代、自由で革新的な問題作を生み、画壇に新風を吹き込んだ異端児の足跡

【監督】近藤正典, 武重邦夫
2012年/日本/102分/太秦/ブルーレイ上映

オンラインチケット購入はこちら
7月20日(土)
10:00〜11:45
14:40〜16:25
7月21日(日)〜7月22日(月)
14:40〜16:25
7月23日(火)〜7月26日(金)
10:00〜11:45
14:40〜16:25
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
会員 ¥1,200 ¥1,000 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
パンフレットをネットショップで販売中

写楽に、ピカソに、ゴーギャンに、ウォーホールさえ、ぶっ飛ばした天才画家!

戦後、「日本画滅亡論」まで登場した日本画壇において、新しい時代の新しい日本画の創造を目指して活躍した中村正義。

日本画壇の重鎮・中村岳陵の画塾に入門し、本格的に画家としての道を歩み始めた正義は22歳で日展に初入選。
たちまち頭角をあらわし、早世の天才日本画家・速水御舟の再来とも言われ将来を嘱望された。最年少の26歳で特選を受賞、36歳という異例の若さで日展審査員に推挙され、若くして日展の頂点に登り詰めながらも、古い体質の画壇、権威主義的体質に異を唱え、日展を脱退。

それ以降は画風を一転させ、絵具に蛍光塗料を混ぜて描いた《男と女》や《舞妓》のシリーズ、現代社会に生きる人間の《顔》に現われた心の闇を描いた作品群、ポップアートかと見紛う肖像画など、日本画の既成概念を遥かに超越した多様多彩な作品を次々と発表していく。また、謎の浮世絵師・写楽の実像を画家の立場から探求することにも精力的に取り組んだ。

そんな正義の生涯は病との闘いでもあった。二十代で結核を患い、後年癌を発症。52歳という若さで逝去。旧勢力からの圧力や妨害を受けながらも、自らの信念を曲げず、死と向き合いながら真の創造を求め続けて生涯を終えた。


本作は、父を敬愛し、「中村正義の美術館」を守り続けてきた正義の娘・倫子(のりこ)さんが、自分の未だ知らない本当の父の姿を探して旅をするドキュメンタリー映画です。

苛烈に生きた画家が何を求め、何を恐れ、何を愛したのか、人間・中村正義とその生きた時代を描きだします。共同監督を務めるのは、今村昌平とともに今村プロダクションを結成し、『楢山節考』の監督補、『復讐するは我にあり』をプロデュースした武重邦夫と、テレビ番組やビデオ作品のドキュメントの演出・プロデュースを手掛け、本作が監督デビュー作品となる近藤正典。

確固とした信念を持ち、大きな壁に正面から挑んだ中村正義という天才画家の姿は、事なかれ主義や出来合いレースの蔓延する今の日本に何を問いかけるのだろうか。

「父をめぐる旅 異才の日本画家・中村正義の生涯」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)