セデック・バレの真実 screen ベティ

日本統治時代の台湾原住民セデック族による抗日暴動「霧社事件」の当事者たちの姿を 伝えるドキュメンタリー【1週限定上映】

【原題】余生
【監督】タン・シャンジュー
2013年/台湾/154分/オリオフィルムズ,マクザム/ブルーレイ上映

オンラインチケット購入はこちら
4月04日(土)〜4月10日(金)
13:10〜15:45
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,000
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
台湾巨匠傑作選パンフレットをネットショップで販売中

零社事件の被害者・加害者
それぞれの遺族や歴史学者へのインタビュー、そしてセデック族発祥の地と言い伝えられている巨石“プスクニ”を探す旅を記録したドキュメンタリー。

「セデック・バレ」の監督ウェイ・ダーションと製作ホァン・ジーミンが共同製作を務め、霧社事件とセデック族に迫るドキュメンタリー。監督は、「セデック・バレ」録音のタン・シャンジュー。第50回台湾金馬奨最優秀ドキュメンタリー賞・最優秀音響賞ノミネート、第16回台北映画祭最優秀ドキュメンタリー賞ノミネート。

霧社事件とは、1930年10月27日に台中州能高郡霧社(現在の南投県仁愛郷)で起こった台湾原住民による、日本統治時代後期最大規模の抗日暴動事件である。本作は、事件の被害者・加害者それぞれの遺族や、歴史学者へのインタビューを収録。そして、セデック族発祥の地と言い伝えられている巨石“プスクニ”を探す旅を記録し、霧社事件とセデック族の真実に迫る。

関連映画
「セデック・バレの真実」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)