女生徒・1936 screen ジャック

公式サイト: http://jyoseito.jp/

女性の語りで書かれた太宰文学の名作
「燈籠」「女生徒」「きりぎりす」「待つ」の四作品をもとに映画化

【監督】福間雄三
【キャスト】柴田美帆、川原崎未奈、真砂豪、岡本裕輝、コンタキンテ
2013年/日本/106分/マルパソ事務所/ブルーレイ上映

オンラインチケット購入はこちら
6月15日(土)〜6月28日(金)
10:30〜12:20
12:30〜14:20
6月29日(土)〜7月05日(金)
15:00〜16:50
7月06日(土)〜7月12日(金)
13:00〜14:50
18:30〜20:20
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
会員 ¥1,200 ¥1,000 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
前売り券を1,000円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)、有隣堂伊勢佐木町本店チケットぴあ
◎初日舞台挨拶あり!
 6/15(土)12:30回上映後、福間雄三監督、柴田美帆さん、川原崎未奈さん、真砂豪さん 登壇
 ※舞台挨拶後、交流会あり
◎6/23(日)12:30回上映後、舞台挨拶
 福間雄三監督、福寿祁久雄さん(製作)
◎6/29(土)15:00回上映後、舞台挨拶
 福間雄三監督、高野浩一さん(音楽)
◎6/30(日)15:00回上映後、トーク
 福間雄三監督、福寿祁久雄さん(製作)
◎7/6(土)13:00回上映後、トーク
 福間雄三監督、赤井成一さん
◎7/10(水)18:30回上映後、舞台挨拶
 福間雄三監督、柴田美帆さん、
 川原崎未奈さん、真砂豪さん、松下京子さん


パンフレットをネットショップで販売中

太宰治のテキスト(言葉)を忠実に再現しつつ、いままでにない映画世界が誕生

1937年7月(日中戦争始まる)から1941年12月(真珠湾攻撃、太平洋戦争〜)、さらに終戦(「パンドラの匣」1945))、戦後(「斜陽」1948)までの、太宰治の目を通し、少女たちが時代を感じ、いま、ひとり生きていく決意の光と影の中で、社会(世間)に対する抵抗と諦念が、繊細な言葉となって紡がれていく。

字幕、声、台詞、もうひとつの声、現実の映像、イメージとしての美しい映像が映画のリズムを刻みながら発せられる少女たちの声は、ひとりのヒロインになって音楽と共に歌い出す。この静謐な映画のために、音楽はリコーダー曲(ルネッサンス、バッハ、そしてマーラーをリコーダーに編曲)と映画監督・原將人作曲のピアノ曲が、まさに時間と空間を超え、新たな「旋律」を奏でる。

ヒロイン役の、二人の新人女優は、戦前戦中の女性の二役を演じわける。柴田美帆は、「燈籠」(咲子)、「待つ」(葉子)の二役、川原崎未奈は、「女生徒」(佳子)、「きりぎりす」(智子)の二役を演じる。

【あらすじ】

▼燈籠
下駄屋のひとり娘・咲子は、年下の商業学校の学生(水野)さんのために、男物の水着を盗んで交番に連れて行かれる。そこで、じぶんの思いを必死に抗弁するが、新聞記事にも取り上げられ、近所でも、笑いものになってしまう。そして、水野さんからの手紙が…。

▼女生徒
父親を病気で一年前に亡くし、姉は二年前に、北海道に嫁いでいる。いま、母親との二人暮らしをしている女学生の佳子の一日の生活を、彼女の意識の流れに沿って展開する。彼女に、十代を生きる意味をするどい感性で語らせ、それは、また、太宰自身の声でもある。

▼きりぎりす
裕福な家庭に育った智子は、社会に対し信念を持って生きる。それをあたりまえのように実践する。妥協を許さないその生き方は、愛する夫に対し、その気持ちをまともにぶつける。「おわかれします。…」

▼待つ
「燈籠」「女生徒」「きりぎりす」のヒロインたちが、ひとつのイメージになって、この時代を生きることの難しさが象徴的に、『待つ」の葉子に集約される。駅舎で待つ葉子、それは、太平洋戦争の始まりの昂揚感、未来への希望でもある何か、いま、どこにもない世界に空想が広がる。

「女生徒・1936」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)