ミルカ screen ジャック

公式サイト: http://milkha-movie.com/

2014年インド・アカデミー賞14部門独占! 内乱で心に傷を負い、“想像を絶する人生の困難”に走ることで立ち向かった男

【原題】Bhaag Milkha Bhaag
【監督】ラケーシュ・オームプラカーシュ・メーラ
【キャスト】ファルハーン・アクタル,ソナム・カプール,ディビヤ・ダッタ,アート・マリック,ジャプテージ・シン
2013年/日本/153分/日活,東宝東和/DCP上映

オンラインチケット購入はこちら
4月18日(土)〜4月24日(金)
16:25〜19:00
4月25日(土)〜5月01日(金)
14:05〜16:45
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,000
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
パンフレットをネットショップで販売中

走れ、ミルカ。魂のままに。

1960年ローマ五輪。メダル獲得を有望視されていた400メートル走のインド選手ミルカ・シンは、なぜかゴール手前で後ろを振り返るという失態を演じた。結果4位に転落、国民の失望の声を一身に受けることになる。

後日、パキスタンとの間で親善陸上大会が計画され、そのインド側の団長に選ばれたのがミルカだったが、彼はそれを頑なに固辞。説得せよという首相の命令を受けて、担当大臣と長年ミルカを支えた二人のコーチが彼の住むチャンディガルへ向かう。
汽車に揺られながらコーチたちが話し始めたのは、ミルカ・シンの陸上選手としての苦難と成功の軌跡、そして生い立ちのストーリーだ。
どうして彼はパキスタン行きを拒んでいるのか、そしてローマで彼の心を後ろへと引っ張ったトラウマとは何なのか。ミルカの謎の行動が徐々に解き明かされていく。

1947年。イギリスからの独立後、インドとパキスタンとの国土分断の混乱のなか、幼いミルカとその一家が暮らすシク教徒の村に、過酷な運命が襲いかかった。そのときから彼が背負った厳しく激しい人生とは・・・。

「闇の帝王DON ベルリン強奪作戦」などで映画監督としても活躍するファルハーン・アクタルが主演を務め、ミルカ役を熱演した。タレントの武井壮が、劇中の陸上大会に日本代表選手役で出演している。

関連映画
「ミルカ」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)