奇跡のひと マリーとマルグリット screen ベティ

公式サイト: http://www.kiseki-movie.jp

ふたつの魂が出会い奇跡を起こした、もうひとつのヘレン・ケラー物語

【原題】Marie Heurtin
【監督】ジャン=ピエール・アメリス
【キャスト】イザベル・カレ,アリアーナ・リボアール,ブリジット・カティヨン,ジル・トレトン,ロール・デュティユル
2014年/フランス/94分/スターサンズ,ドマ /DCP上映

オンラインチケット購入はこちら
6月20日(土)
10:00〜11:40
13:45〜15:20
6月21日(日)〜6月22日(月)
13:45〜15:20
6月23日(火)〜6月26日(金)
10:00〜11:40
13:45〜15:20
6月27日(土)〜7月03日(金)
09:45〜11:20
19:10〜20:45 [レイト]
7月04日(土)〜7月10日(金)
11:30〜13:05
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,000
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
幼児、小学、中学生ご同伴の保護者の方に限り、(一名様まで)1000円でご鑑賞いただけます。劇場窓口で親子割引と申しつけください。
★[レイト]回はレイトショー割引
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
会員 ¥1,200 ¥1,000 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
前売り券を1,500円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)、ネットショップ有隣堂伊勢佐木町本店
前売り券特典:特製エコバッグ(劇場窓口およびネットショップのみ)

・7/5(日)11:30回は音声ガイド付き上映
 ※音声ガイドは、FM88.5MHzで放送します。
  ラジオをお持ちの方はご持参ください。
  (貸出用ラジオもございます。)

パンフレットをネットショップで販売中

光と音がなくても 伝えたい 心のてざわり

あなたに伝えたい。 言葉の力、世界の輝き、そして生きる喜びのすべてを――。
ふたつの魂が出会い奇跡を起こした、もうひとつのヘレン・ケラー物語


聴覚障がいの少女たちが暮らす修道院に、目も耳も不自由な少女マリーがやってきた。教育を一切受けずに育ったマリーは野生動物のように獰猛で誰にも心を開かない。不治の病を抱え余命いくばくもない修道女マルグリットは、残された人生をかけてマリーに"世界"を与えるべく教育係となる。困難の末ついにマリーが言葉を知る日がやってくるが、二人の別れの時間は目前に迫っていた――。母のように惜しみなく愛を注ぎ、知識を分かち、命をつなぐ―。迫りくる死の気配を感じながらマルグリットがマリーに与えたのは「喪う悲しみ」より多くの「生きる喜び」だった。19世紀末、フランスポアティエ地方に実在したふたりの女性による感動のトゥルー・ストーリー。


今日 魂に出会った。小さくもろい魂。驚くべき魂。


ある日、ラルネイ聖母学院に目が見えず、耳も不自由な少女マリーがやってきた。生まれて以来14年間、しつけも教育も一切受けずまるで野生動物のように獰猛なマリーが放つ、強い魂の輝きに惹かれた修道女マルグリットは、自ら彼女の教育係となる。そしてふたりのむき出しの魂がぶつかり合う「戦い」とも呼ぶべき教育が始まった。

素晴らしい進歩。言葉がほとばしる、まるで奇跡のようだ。


マリーがやってきて8か月目、ついに奇跡が起こる。ふとしたことから、ようやくマリーは、物には名前があることを理解したのだ。最初の1語こそ苦労したものの、その後は次々と言葉を精力的に会得していくマリー。学ぶことの喜びを知り、日に日に成長するマリーと、母親のように惜しみなく愛情を注ぎ、教育を続けるマルグリット。ふたりの絆はより強いものとなった。もともと体が弱く不治の病を患っていたマルグリットだったが、静養を進める医者の反対を押し切って、マリーとともに生きることを誓う。

彼女は私の喜び。私の魂の娘。私の人生の光だ。


しかし、ふたりの別れの時間は刻々と迫っていた――。

「奇跡のひと マリーとマルグリット」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)