ルビー・スパークス screen ベティ

『リトル・ミス・サンシャイン』の監督と、『(500)日のサマー』のスタジオが贈る、キュートで新しいミラクル・ラブストーリー。

【原題】Ruby Sparks
【監督】ジョナサン・デイトン,バレリー・ファリス
【キャスト】ポール・ダノ,ゾーイ・カザン,アントニオ・バンデラス,アネット・ベニング,スティーブ・クーガン
2012年/アメリカ/104分/20世紀フォックス映画/DCP上映

オンラインチケット購入はこちら
3月16日(土)〜3月20日(水)
20:10〜21:55
3月21日(木)
14:20〜16:10
20:10〜21:55
3月22日(金)
20:10〜21:55
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,000
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
★[レイト]回はレイトショー割引
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
会員 ¥1,200 ¥1,000 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000

小説の中の女子が、リアルな世界に飛びだしてきた!?
小説家と“ヒロイン”の不思議で切ない恋の行方は―

天才作家として華々しくデビューしながら、その後、極度のスランプに陥っていたカルヴィン。
低迷期を抜けるため、理想の女の子“ルビー・スパークス”を主人公にした小説を書き始めた彼の前に、ふいにあらわれたのは現実のルビーだった!
タイプライターを叩いて、思い通りの女の子を作り上げるカルヴィンと、彼の手でますます魅力的になっていくルビー。
これ以上無いくらい幸せな日々を過ごす2人だったが、ある日ルビーに異変が起こり―。

この甘くて苦いストーリーはルビー役のゾーイ・カザンによるオリジナル脚本。
『エデンの東』の名匠エリア・カザンの孫娘で、主人公カルヴィンを演じる『リトル・ミス・サンシャイン』『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』のポール・ダノとは実生活でも恋人同士だという。
監督したのは、アカデミー賞脚本賞と助演男優賞に輝いた『リトル・ミス・サンシャイン』のジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ファリスの夫婦。本作は二組のカップルが編み出した奇跡の恋物語だ。

「ルビー・スパークス」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)