ITECHO 凍蝶圖鑑 screen ジャック

公式サイト: http://itecho.jp

普通に生きようとするなら それだけで十分狂っている…妖かしの人間図鑑【多文化映画祭にて上映】

【監督】田中幸夫
【キャスト】大黒堂ミロ,東學,あずみ,谷敦志,シモーヌ深雪
2014年/日本 /72分/風楽創作事務所 /DVD上映

オンラインチケット購入はこちら
8月24日(月)
14:00〜15:30
8月27日(木)
17:10〜18:30
8月28日(金)
16:55〜18:15
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
会員 ¥1,200 ¥1,000 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
8/27(木)17:10回上映後、
大黒堂ミロさんのトークショーあり。
トーク後、お茶会開催予定。

凍蝶の 己が魂 追うて飛ぶ

一般社会に生きるゲイ・バイ・トランス・ドラァグ・元薬物依存者・緊縛・身体改造・フェティシズム、そして放送禁止歌手…「性とは何か?という問いに向かい合った意欲作だ」とパリ先行上映で熱狂的な支持を受けた禁断の問題作

様々な性的少数者、性倒錯、偏執狂的フェティシズムなど、世間の常識を逸脱した者たちを真正面から捉えた衝撃のドキュメタリー。監督は神戸在住の田中幸夫(62歳)。2009年、ゲイの知人から「私たちのような人間は撮らないのか」と問われ、性的マイノリティを俯瞰的に取り上げたドキュメンタリーが今までなかったことを知った。カメラを向け、彼らと向き合うことで、「常識の外側で生きる存在」でありながら「他者を排除しない、優劣をつけない」生き方に共感、「自分の中の普通」が溶けていく体験をした。

撮影は2012年の淀川河川敷のパーティーから始まり、大阪・神戸・京都、そしてパリへと昇華されて、異形の宴のクライマックスへ。異性装、ニューハーフ、SM、タトゥなどが特異なカルチャーでなく、一般的なファッションやアートとして定着している中、自らの性に忠実・誠実に生きる彼らの多様な生き方に迫った。

人間とは?性とは?人と人がつながるとは?…今、新しい感性のメッセージが見えてくる。

関連映画
「ITECHO 凍蝶圖鑑」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
横濱インディペンデント映画祭
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)