マルガリータで乾杯を! screen ジャック

観るものの魂を揺さぶる、生きる勇気に溢れた母と娘の成長物語
【終了日:12/11】

【原題】Margarita, with a Straw
【監督】ショナリ・ボーズ
【キャスト】カルキ・コーチリン,レーバティ
2014年/インド/100分/彩プロ /DCP

オンラインチケット購入はこちら
十分余裕をもってお座りいただけます。
11月28日(土)〜12月04日(金)
11:20〜13:05
12月05日(土)〜12月11日(金)
13:30〜15:10
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,000
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
前売り券を1,500円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)、ネットショップ
有隣堂伊勢佐木町本店(上映期間中も販売/特典は付きません)
前売り券特典:ポストカード
・11/29(日)ナン子ちゃん来館あり!
 上映前後ロビーにてお客様をお迎えします。

パンフレットをネットショップで販売中

お母さん、わたし、恋をしたの。
_みまもりたい、いつまでも、あなたを

【いつだって抱きしめてくれた母。思いのままに、羽ばたく娘。__全世界の母、娘に乾杯を!!】

近年のインド映画は、それまでの常識を打ち破る良質の感動作を数多く世に送り出し、イメージをガラリと変えている。豪華絢爛な衣装でのミュージカルシーンや破天荒なアクションを打ち出す濃厚な娯楽作ではなく、『きっと、うまくいく』や『マダム・イン・ニューヨーク』、『めぐり逢わせのお弁当』といった普遍的なメッセージをもって心に訴えるドラマが増えてきているのだ。そんな作品群にまたひとつ、忘れられない珠玉作が加わった。それが、障害を抱えながらも力強く生きる女の子と、彼女を支える母の、親子の成長の日々を瑞々しく描いたヒューマンドラマ『マルガリータで乾杯を!』。さまざまな壁にぶち当たっても素直な心で立ち向かい、キラキラと瞳を輝かせながら果敢にチャレンジを重ねていく主人公・ライラ。彼女の真っ直ぐなその姿は、観る者の心を大きく揺さぶり、爽やかな涙を誘うだろう。時に無鉄砲で周りをハラハラさせる娘をいつも大きな愛で包み、けして過保護にはならず、エールを送り続ける母の慈愛に満ちた温かさも、きっと深く心に残るはずだ。

【進学、恋愛、巣立ち__強い絆と、生きる勇気に溢れた母と娘の成長物語!】

笑顔が魅力的なライラは、作家になるといる夢を胸に大学に通う19歳。生まれつきの障がいがあって身体は不自由だが、それをものともしない前向きな明るさと旺盛なチャレンジ精神、好奇心の持ち主。音楽が好きな彼女はバンドの活動に作詞で参加したり、両親と弟、親友のサポートを受けながら、大学生活を謳歌している。米国の大学に編入できるよう計らってくれた母と一緒に、希望を胸にNYへ乗り込んだライラは、刺激的な毎日に夢中になる。大学で目の不自由な活動家、ハヌムと出会い、彼女から大きな影響を受け、思いのままに新しい体験を重ねていく。だがそんなとき、インドへ帰った母が末期の癌にかかっていることを知る・・・・・・。

【新鋭の女性監督がインド映画界からおくる、愛に満ちたセンセーショナルな1本!】

とびっきりの笑顔でこの映画史に残るヒロイン・ライラを演じたのは、インド生まれ、インド育ちのフランス人女優、カルキ・コーチリン。持ち前の魅力を発揮しながら、難しい題材を繊細に演じきったコーチリンは第17回タリン・ブラックナイト映画祭の主演女優賞を受賞。チャーミングにして勇敢なヒロイン像は、観る者全てを魅了せずにはおかない。本作で脚本・監督(共同)を手がけ、障害者が経験する性への目覚めや恋愛といったタブーにも真っ向から挑んだのは、若手女性監督、ショナリ・ボース。ライラのモデルは重度の障害をもつ、監督自身の従妹だという。センセーショナルな話題を呼んだ本作は、トロント国際映画祭2014にてNETPAC賞(最優秀アジア映画賞)を受賞するなど、国際的にも高い評価を獲得。日本でも「あいち国際女性映画祭」に出品され、新しい女性映画として今後も注目を集めること必至なのだ。

関連映画
「マルガリータで乾杯を!」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
横濱インディペンデント映画祭
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)