夫婦フーフー日記 screen ジャック

公式サイト: http://fu-fu-nikki.com

当館がロケ地として使われた作品!ダンナの前に現れたのは、死んだはずのヨメ!?【1週間限定上映】

【監督】前田弘二
【キャスト】佐々木蔵之介,永作博美,佐藤仁美,高橋周平,並樹史朗
2015年/日本/95分/ショウゲート/DCP

オンラインチケット購入はこちら
十分余裕をもってお座りいただけます。
11月07日(土)〜11月13日(金)
14:40〜16:25
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,000
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
・11/8(日)14:40回上映後、
 前田弘二監督による舞台挨拶あり。

パンフレットをネットショップで販売中

17年間友だちで、1年ちょっと夫婦で、そして、アイツは、9ヶ月だけ母親だった。
実話から生まれた、まさかの!泣けるコメディ

【日本中が応援した闘病ブログ、待望の映画化!】

原作は、実在の闘病ブログを書籍化した「がんフーフー日記」(川崎フーフ著)。映画化にあたって、‟死んだはずのヨメが、残された旦那の前に現れる”という設定が加わり、切ないリアルと笑顔がこぼれるファンタジーが交錯。まさかの泣けるコメディが誕生した。主演は佐々木蔵之介と永作博美。10年ぶりに夫婦役を演じ、息の合った掛け合いで物語を紡いでいく。夫婦を支える友人・家族には、杉本哲太、佐藤仁美、高橋周平という実力ある演技派俳優陣が共演。監督は『婚前特急』の前田弘二。脚本は、『永遠の0』を手掛けた林民夫。必死に駆け抜けた493日間と、そこからはじまる未来。ユーモアたっぷりに、あたたかな涙に包んで贈る、夫婦の愛の物語。

【あの時伝えられなかった、本当の想いがあふれ出す。】

作家志望のダンナ・コウタ(佐々木蔵之介)は、本好きなヨメ・ユーコ(永作博美)と出会って17年目にしてついに結婚。直後、妊娠とガンが発覚し、幸せな結婚生活は闘病生活へ。ヨメの病状をブログで報告しはじめるダンナ。そして入籍からわずか493日後、ヨメは亡くなった。
悲しみに暮れるなか、闘病ブログ出版の話が舞い込み、ダンナは「念願の作家デビュー!」と現実逃避。ところが、そこへ、死んだはずのヨメが現れた!果たしてこれは幻影?現実?ヨメのいない世界で、死んだはずのヨメと、ヨメが元気だった頃をふり返るダンナ。やがて、生きている間には伝えられなかった、それぞれの想いがあふれ出す_。

関連映画
「夫婦フーフー日記」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
横濱インディペンデント映画祭
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)