牡蠣工場 screen ベティ

公式サイト: http://www.kaki-kouba.com

想田和弘監督作。美しき瀬戸の海。過疎の町にグローバリズムがやってきたー。
【終了日:4/29(金)】

【監督】想田和弘
2015年/日本,アメリカ/145分/東風/DCP

オンラインチケット購入はこちら
十分余裕をもってお座りいただけます。
4月16日(土)〜4月22日(金)
12:55〜15:20
4月23日(土)
19:00〜21:25 [レイト]
4月24日(日)〜4月29日(金)
18:50〜21:15
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,000
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
★[レイト]回はレイトショー割引
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
会員 ¥1,200 ¥1,000 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
前売り券を1,500円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)、ネットショップ(4/12(火)まで)有隣堂伊勢佐木町本店(上映期間中も販売/特典は付きません)
前売り券特典:牡蠣型ポストカード
※4/23(土)のみ別作品のイベントの都合で、上映時間を10分変更させて頂きました。ご迷惑をおかけして申し訳ございません。

パンフレットをネットショップで販売中

「歴史の歯車」が、いま、静かに回り出す_!

【人々が織りなす豊かで複雑な物語】

舞台は、瀬戸内海にのぞむ美しき万葉の町・牛窓(岡山県)。岡山は広島に次ぐ、日本でも有数の牡蠣の産地だ。
養殖された牡蠣の殻を取り除く「むき子」の仕事は、代々地元の人々が担ってきた。
しかし、かつて20軒近くあった牛窓の牡蠣工場は、いまでは6軒に減り、過疎化による労働力不足で、数年前から中国人労働者を迎え始めた工場もある。
東日本大震災で家業の牡蠣工場が壊滅的打撃を受け、宮城県から移住してきた一 家は、ここ牛窓で工場を継ぐことになった。
そして2人の労働者を初めて中国から迎えることを決心。
だが、中国人とは言葉が通じず、生活習慣も異なる。
隣の工場では、早くも途中で国に帰る脱落者も。果して牡蠣工場の運命は?

【小さな世界から垣間見えるグローバルで巨大な問題】

ロカルノ国際映画祭に正式招待された本作は、「珠玉の智慧に満ちた映画」「目から鱗の現代日本の姿」「想田監督の最高傑作」などと、世界の批評家やメディアなどから絶賛された。牡蠣工場という小宇宙に、グローバル化、少子高齢化、過疎化、第一次・第二次産業の苦境、労働問題、そして震災の影響など、大きな問題が浮かび上がってくる。想田和弘が見た世界の「現在」と日本の「未来」とは?

関連映画
「牡蠣工場」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)