風の波紋 screen ジャック

公式サイト: http://kazenohamon.com

風がおしえてくれたこと。いのちと暮らす、いのちを食べる。めぐる、めぐる。越後妻有(えちごつまり)の里山で、絵本のようなドキュメンタリー。
【終了日:6/3(金)】

【監督】小林茂
2015年/日本/99分/東風/DCP

オンラインチケット購入はこちら
十分余裕をもってお座りいただけます。
5月21日(土)〜5月27日(金)
13:20〜15:10
5月28日(土)〜6月03日(金)
17:30〜19:10
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,000
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
前売り券を1,300円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)、ネットショップ(5/17(火)まで)
有隣堂伊勢佐木町本店(上映期間中も販売/特典は付きません)

前売り券特典:特典・草木染職人・松本さんの手作り栞
5/21(土)13:20回の上映後、
小林茂監督の初日舞台挨拶あり。

風がおしえてくれたこと。
いのちと暮らす、いのちを食べる。
越後妻有の里山暮らし。

舞台は越後妻有の里山。この雪深い村に都会から移り住んだ木暮さん夫婦は、芽葺屋根の古民家を修復し、見よう見まねで米を作って暮らしてきた。ゴリゴリと豆を挽いてコーヒーを淹れ、野山の恵みを食卓にならべる。草木染め職人の松本さんは、山桜で染めた糸を夫婦並んで手織りする。色鮮やかな着物が仕立てあがるころ、娘さんが成人式を迎えた。
悠々自適、気ままな田舎暮らしに見えるけれど、ときには自然はきびしい。冬ともなれば雪がしんしんと降り続け、来る日も来る日も雪かきに追われる。ひとりでは生きられない。芽葺きや稲刈りも協働作業だ。木暮さんのまわりには不思議と個性ゆたかな仲間が集まり、ことあるごとに囲炉裏を囲んで宴がはじまる。歌と笑い、もちろんお酒もかかさない。そうやって、ここでは新しい形の「結」がゆるやかにいきづいている。
ある春の朝、大きな地震がおきた。木暮さんの家も全壊したが、彼は再建を決意する-。

【『阿賀に生きる』『阿賀の記憶』のスタッフたちが見つけたドキュメンタリー映画の新たな地平】

手間を惜しまず丹念に育てられた米や野菜が、私たちの日々の暮らしを彩るように、心をこめて作られた一本の映画が、人生のたいせつな糧となることがあります。『風の波紋』は、『阿賀に生きる』『阿賀の記憶』のスタッフたちが5年の歳月をかけて、じっくりと作りあげた映画です。ぜひ劇場のスクリーンでご堪能ください。

関連映画
「風の波紋」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
横濱インディペンデント映画祭
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)