ロブスター screen ベティ

45日以内にパートナーを見つけなければ、あなたは動物に変えられますー。第68回カンヌ国際映画祭 審査員賞受賞作!【終了日:4/15(金)】

【原題】The Lobster
【監督】ヨルゴス・ランティモス
【キャスト】コリン・ファレル,レイチェル・ワイズ,ジェシカ・バーデン,オリビア・コールマン,アシュレー・ジェンセン
2015年/アイルランド,イギリス,ギリシャ,フランス,オランダ,アメリカ /118分/ファインフィルムズ /DCP

オンラインチケット購入はこちら
十分余裕をもってお座りいただけます。
4月02日(土)〜4月08日(金)
13:45〜15:45
4月09日(土)〜4月15日(金)
15:50〜17:50
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,000
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
パンフレットをネットショップで販売中

ルール
①45日以内にパートナーを見つけること
②独身は罪
③捕まれば動物になって頂きます

【質問しない。それがこの“コメディ”を楽しむ鍵となる。】

母国ギリシャで『籠の中の乙女』(12)、『アルプス(原題)/Alps』などの映画を撮ってきたヨルゴス・ランティモスの初の英語作品となる本作で、観客はいきなり彼の独特な世界に放り込まれる。そこで大事なのは、観客もまずルールに従い、受け入れてみること。そこにはユートピアとは逆のディストピアの系譜が流れている。近い未来なのか遠い未来なのか、国家が市民にルールを押しつけ、市民はそれに従っている。それに従っている者は “街”で普通に暮らしている。そしてひと度“独身者”になると、ホテルという矯正施設へ 連行されるのだ。そのパートナー教育では、相方がいることがいかに有益かを刷り込まれる。観客は主人公と同じように戸惑いながら矛盾を経験する。だが忘れてはいけないのは本作が実はコメディであるということ。そこには監督同様、表情を変えない“笑い”が眠っている。

【あなたは何の動物になりますか?】

‟独身者”は身柄を確保されホテルに送られる。
そこで45日以内にパートナーを見つけなければ、自ら選んだ動物に変えられ、森に放たれる。
そんな時代、独り身になったデヴィッドもホテルに送られ、パートナーを探すことになる。
しかしそこには狂気の日常が潜んでいた。
しばらくするとデヴィッドは‟独身者”が暮らす森へと逃げ出す。
そこで彼は恋に落ちるが、それは‟独身者”たちのルールに反することだった-。

関連映画
「ロブスター」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
横濱インディペンデント映画祭
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)