高地戦 screen ジャック

公式サイト: http://www.kouchisen.com/

朝鮮戦争、最後の日。歴史から消された12時間の戦いー。
誰も知らなかった本当の“戦争の結末”とは。

【原題】The Front Line
【監督】チャン・フン
【キャスト】シン・ハギュン,コ・ス、イ・ジェフン,イ・デビッド,リュ・スンス
2011年/韓国/133分/ツイン/ブルーレイ上映

オンラインチケット購入はこちら
2月02日(土)〜2月08日(金)
11:45〜14:00
19:35〜21:50
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
会員 ¥1,200 ¥1,000 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
前売り券を1,200円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)

いつまで続くのか、何のために戦うのかー

1953年7月27日午前10時、難航を極めた朝鮮戦争の停戦協定が成立した。南北の境界線の高地で、停戦を喜ぶ若い兵士たち。しかし、協定の実効は、12時間後の午後10時からだった。
協定実効時の最前線が新たな国境になるという理由で、最前線の兵士たちに、再び戦闘命令が下される。 約2年におよぶ激戦で、草木は枯れ果て、身を隠す場所もない急斜面を被弾覚悟で駆け上るしかない高地戦。その狂気の地獄で停戦だけを願って生き抜いてきた兵士たちは、再び地獄へと放り出される…。
チャン・フン監督は、韓国でもほとんど記録が残っていない朝鮮戦争最後の12時間を、『JSA』の原作者パク・サンヨン(脚本)と徹底的に考証を重ねて作り上げた。 現存する、世界唯一の分断国家に引き裂かれてしまった民族の運命が浮かび上がり、歴史の闇に葬られた無数の犠牲者の無念があふれだす。

高地戦の資料はほとんど残っていなかった。そこでスタッフは、現役兵はもちろん帰還兵まで広く聞き取りを行ない、当時のリアリティの再現にこだわった。軍服も資料を調査して新調。当時の軍用品も取り寄せるなど、細部まで再現することにこだわった。
キャスト全員には厳しい訓練が課せられた。険しい山を登るのに、特別な装備などがないため、自力で登りながら銃を構えなくてはならず、隊員役の30人には実弾射撃を含む軍隊並みの訓練が5週間に渡って行なわれた。

「高地戦」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
横濱インディペンデント映画祭
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)