ヴィオレット ある作家の肖像 screen ベティ

書くことが、生きること。1940年代、パリ。文学界に衝撃を与えた実在の女性作家ヴィオレット・ルデュック
【終了日:3/25(金)】※3/21(月)22(火)は休映

【原題】Violette
【監督】マルタン・プロボスト
【キャスト】エマニュエル・ドゥボス,サンドリーヌ・キベルラン,オリビエ・グルメ,カトリーヌ・イーゲル,ジャック・ボナフェ
2013年/フランス,ベルギー/139分/ムヴィオラ /DCP

オンラインチケット購入はこちら
十分余裕をもってお座りいただけます。
3月05日(土)〜3月11日(金)
13:35〜15:55
3月12日(土)〜3月18日(金)
17:00〜19:20
3月19日(土)〜3月20日(日)
09:30〜11:50
3月23日(水)〜3月25日(金)
09:30〜11:50
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,000
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000

1940年代、パリ。文学界に衝撃を与えた実在の女性作家ヴィオレット・ルデュック。彼女を支えつづけたボーヴォワールとの絆、そしてプロヴァンスの光の中に幸福を見出すまでの魂の軌跡。

【愛を求め続け、愛を書き続け、傷ついた彼女が
プロヴァンスの光の中で自分自身を見いだすまで。】

1907年、私生児として生まれたヴィオレット。母親に愛されない想いを抱きつづける彼女は、やがてその想いを小説に書くことに目覚める。そしてその後、ボーヴォワールと出会い、その助けによって、1946年に処女作「窒息」を出版。ボーヴォワールだけでなく、カミュ、サルトル、ジュネら錚々たる作家に絶賛されるが、女性として初めて、自身の生と性を赤裸々に書いたその小説は、当時の社会には受け入れられなかった。傷ついたヴィオレットは精神さえも病むが、ボーヴォワールの支えによって書き続ける。そして彼女は南仏プロヴァンスの村と出会う。パリを離れ、プロヴァンスに移り、そこで自身の集大成ともいえる新作「私生児」の執筆にとりかかるヴィオレット。母との確執、報われぬ愛、そしてボーヴォワールとの絆。彼女は、自分の人生のすべてを“書くこと”に注ぎ込んでいく……。

【人は、全人生をかけて芸術家になっていく。『セラフィーヌの庭』の名匠、名女優エマニュエル・ドゥヴォスら、豪華なスタッフとキャスト陣が贈る感動の実話。】

ヴィオレットを演じるのはセザール賞ノミネート5回、2度の受賞に輝くエマニュエル・ドゥヴォス。実際のヴィオレットに似せた「付け鼻」をつけて、記憶に残る名演を見せる。ボーヴォワールには、こちらも同じくセザール賞を2度受賞しているサンドリーヌ・キベルラン。ヴィオレットを援助する香水メーカー・ゲランの経営者ジャックに、オリヴィエ・グルメ。映画『ホーリー・モーターズ』の名カメラマン、イヴ・カープの映像、40〜60年代の新しい文化が花開こうとするパリの風俗、フェミニンなヴィオレットとシックなボーヴォワールの対照的なファッションなども見どころである。『セラフィーヌの庭』でセザール賞最優秀作品賞ほか7冠に輝いた名匠マルタン・プロヴォが、人生を“芸術”に昇華する苦しみと喜びを見事に描いた。

関連映画
「ヴィオレット ある作家の肖像」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)