シチズンフォー スノーデンの暴露 screen ベティ

第87回アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞受賞!米国政府のスパイ行為を告白した男、エドワード・スノーデンー。
【終了日:7/8(金)】

【原題】Citizenfour
【監督】ローラ・ポイトラス
【キャスト】エドワード・スノーデン,グレン・グリーンウォルド,ローラ・ポイトラス
2014年/アメリカ,ドイツ /114分/ギャガ/DCP

オンラインチケット購入はこちら
十分余裕をもってお座りいただけます。
6月11日(土)〜6月17日(金)
13:55〜15:55
18:10〜20:10
6月18日(土)
09:30〜11:30
17:15〜19:10
6月19日(日)〜6月20日(月)
17:15〜19:10
6月21日(火)〜6月24日(金)
09:30〜11:30
17:15〜19:10
6月25日(土)〜7月01日(金)
16:55〜18:55
7月02日(土)〜7月08日(金)
19:20〜21:15 [レイト]
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,000
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
★[レイト]回はレイトショー割引
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
会員 ¥1,200 ¥1,000 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
前売り券を1,500円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)、ネットショップ(6/7(火)まで)
有隣堂伊勢佐木町本店(上映期間中も販売/特典は付きません)
前売り券特典:ポストカード
パンフレットをネットショップで販売中

国家は、あなたを監視している。

【国家による国民の監視を暴露した衝撃のスクープ_その真相を記録した歴史的ドキュメンタリー作品】

2013年6月、ある内部告発で全世界に衝撃が走った。スノーデン事件・・・・・・それは米国の二大情報機関、CIA(中央情報局)、NSA(国家安全保障局)に属した若者が、国家による一般市民の通信データ収集の実態を証拠となる内部資料とともに暴露した上、自ら実名で名乗り出るという、かつて類を見ない大事件だった。
その一部始終をリアルタイムで記録した、驚くべき“時代の生の証言”が本作である。スノーデンからの接触、香港で密かに行われた独占インタビュー、スクープ記事の公表と反響、そしてスノーデンの脱出まで、一大センセーションを巻き起こした事件のすべての真相を観客は目撃することになる。国家がテロ対策と位置づけ、アップル、グーグル、フェイスブック、マイクロソフトなどの世界のIT企業のサーバーに直接アクセス、そして、米最大の通信会社AT&Tから個人のデータを収集していたという現実は、私たち日本人にとっても、決して絵空事でも他人事でもない。今この瞬間にも私たちの個人情報は違法に流失しているかもしれないのである。
『トラフィック』『オーシャンズ11』の監督スティーヴン・ソダーバーグが製作総指揮を務めた本作は、米国内のみならず、日本を含む世界中の国々が情報機関によって監視されているという、現代社会の知られざる現実を大胆に白日の下にさらし、アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞を始め、40もの映画賞に輝いた。またスクープ記事を掲載した英国紙ガーディアンはピュリッツァー賞を受賞している。

【“どんなリスクも覚悟の上です。どうかこの情報を全国民に知らせてください”】

イラク戦争についてのドキュメンタリー映画で高い評価を得る一方、米国当局からの監視や妨害を受けてきた気鋭の映画監督ローラ・ポイトラスは、2013年初め、“シチズンフォー”と名乗る人物から暗号化されたメールを受け取るようになる。それは、NSA(国家安全保障局)が米国民の膨大な通信データを秘密裏に収集している、という衝撃的事実を暴露するものだった。ローラは“シチズンフォー”に会うため、旧知のジャーナリスト、グレン・グリーンウォルドとともに香港へ飛ぶ。そこでふたりを待っていたのは、元CIA職員エドワード・スノーデン。彼の口から明かされた驚くべき事実とは_。なぜ彼は自らの身の危険も顧みず、この告発を決意したのか_。そして、緊迫した状況の下、ローラとグレンはいかにしてジャーナリストとしての使命を果たす戦いに挑んだのか_。

関連映画
「シチズンフォー スノーデンの暴露」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
横濱インディペンデント映画祭
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)