エリック・ロメール監督特集上映『ロメールと女たち』 screen ベティ

フランス恋愛喜劇の巨匠エリック・ロメール監督作5作品上映!「海辺のポーリーヌ」「満月の夜」「緑の光線」「友だちの恋人」「レネットとミラベル/四つの冒険」
【終了日:7/22(金)】

【監督】エリック・ロメール
DCP

オンラインチケット購入はこちら
7月09日(土)〜7月15日(金)
15:10〜
17:05〜
7月16日(土)〜7月17日(日)
09:35〜
11:30〜
7月18日(月)〜7月19日(火)
11:30〜
7月20日(水)〜7月22日(金)
09:35〜
11:30〜
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,000
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
前売り券を2,600円にて販売中
販売場所:※2回券のみ
劇場窓口(公開前日まで)、
ネットショップ(7/5(火)まで)
前売り券特典:ポストカード
※劇場窓口のみトートバッグ付き(3600円)販売中

【海辺のポーリーヌ】
年上のいとこマリオンと、ノルマンディの別荘へヴァカンスにやって来た 15歳のポーリーヌ。6人の男女の恋愛ゲームであり、大人との端境期に ある少女のひと夏の恋物語でもある本作は、ロメールの美少女映画 の傑作。輝く太陽光のなか、海辺や木々の下ですてきなリゾートファッ ションに身をつつんだ女たちにうっとりと見惚れてしまう。ベルリン国際 映画祭銀熊賞・国際批評家連盟賞受賞。

【満月の夜】
インテリアデザイナーのルイーズは建築家の恋人レミと郊外で同棲中。 だが自由を求める彼女は、パリに自分だけのアパートを持ち、妻子持ち のオクターヴと遊び歩いていた。ふたりの男、ふたつの家の間で揺れ 動く女の繊細な感情が織りなす恋愛劇。本作でヴェネチア国際映画 祭主演女優賞を受賞するも、その直後25歳の若さで急逝したパスカ ル・オジェ(ビュル・オジェの娘)の魅力がつまった一作。

【緑の光線】
友人と過ごすはずのヴァカンスを突然キャンセルされたデルフィーヌ。友 人に誘われ南仏へ出かけるが、周囲に馴染めずパリへ戻ってしまう。 ひとりでビアリッツへ来た彼女は、ジュール・ヴェルヌの小説に書かれ た、日没前に一瞬だけ見える「緑の光線」の話を耳にする。愛と幸福を 求める孤独な女のヴァカンス物語。光あふれる映像と感動的なラスト が胸をうつ。ヴェネチア国際映画祭金獅子賞受賞。

【レネットとミラベル/ 四つの冒険】
対照的なふたりの少女が体験する4つのふしぎな冒険譚。ふたりの出 会いを描いた〈青い時間〉、パリのカフェを舞台にした〈カフェのボー イ〉、犯罪をめぐる対話〈物乞い 窃盗常習犯 女詐欺師〉、レネットの絵 を売ろうと奮闘する〈絵の売買〉。ロメールは、レネット役のジョエル・ミ ケルから聞いた話をもとに本作を企画したという。少人数のスタッフと 16ミリフィルムで撮影された可愛らしい作品。

【友だちの恋人】
恋に臆病な市役所職員ブランシュと現実的な学生レアは、ふとした きっかけで友だちに。ブランシュは遊び人のアレクサンドルに思いをよ せるが、彼の前では緊張してばかり。一方レアは恋人ファビアンとの関 係がうまくいかず、ファビアンはブランシュに惹かれていく…。4人の男 女がパリ郊外のニュータウンで繰り広げる、ちょっと笑えて最高にハッ ピーな恋愛模様。80年代のカラフルなファッションも魅力的!

 

「エリック・ロメール監督特集上映『ロメールと女たち』」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)