ミャンマー Tagu Films短編 (+ビルマの竪琴※5/8(日)〜13(金)のみ) screen ジャック

映像作家集団「Tagu films(タグーフィルムズ)」の短編+名作「ビルマの竪琴」上映(※「ビルマの竪琴」は※5/8(日)〜13(金)のみ)
【終了日:5/13(金)】

オンラインチケット購入はこちら
5月07日(土)〜5月10日(火)
15:30〜18:25
5月11日(水)〜5月13日(金)
20:10〜23:05 [レイト]
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,000
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
★[レイト]回はレイトショー割引
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
会員 ¥1,200 ¥1,000 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
5/7(土)上映記念トークショー開催
登壇者:MJテクノロジー代表取締役 勝野雅弘さん、Tagu Films Japan Project 西川翔陽さん、真島里帆さん

・【上映記念イベント】
5/7(土)15:30〜17:45
『This Land Is Our Land (2013年/ 30分/ミャンマー)』 監督:サイ・コン・ハン
『Homework (2014 年 / 8分 / ミャンマー )』 監督:ラーミン・ウー
『THE SPECIAL ONE (2015 年 / 7分 / ミャンマー )』 監督:ラーミン・ウー
3作品の上映+ゲストトーク

【主旨】
昨年11月の劇的な政権交代により急速に民主化が進むミャンマー。
「――こんな美しく、国の内情に迫った映像を海外の国、日本で見られる日が来るとは思わなかった。(30代ミャンマー人女性)」 
メディア規制統制が厳しいミャンマー国において、長きにわたる軍の独裁政権時代が残した負の遺産や歴史の爪痕をあらためて見つめ直し、たくましく生きる人々の等身大の日常を記録し続けている新世代の映像作家集団「Tagu films(タグーフィルム)」が制作した短編ドキュメンタリー映像を一挙に特別上映。
ミャンマーと日本の若手人材を繋ぐリクルーティング事業を展開しているMJテクノロジー代表 勝野氏と現地でTagu Films作品を買い付け、国内で配給を行う西川氏、真島氏の視点を通じて国の現状、作品背景に迫る。


・5/8(日)〜5/10(火)15:30〜
『ビルマの竪琴(1985年/133分/日本・ミャンマー)』監督:市川崑
『This Land Is Our Land (2013年/ 30分/ミャンマー)』 監督:サイ・コン・ハン
『Homework (2014 年 / 8分 / ミャンマー )』 監督:ラーミン・ウー


・5/11(水)〜5/13(金)20:10〜
『ビルマの竪琴(1985年/133分/日本・ミャンマー)』監督:市川崑
『This Land Is Our Land (2013年/ 30分/ミャンマー)』 監督:サイ・コン・ハン
『THE SPECIAL ONE (2015 年 / 7分 / ミャンマー )』 監督:ラーミン・ウー

「ミャンマー Tagu Films短編 (+ビルマの竪琴※5/8(日)〜13(金)のみ)」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
横濱インディペンデント映画祭
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)