KARATE KILL カラテ・キル screen ジャック

公式サイト: http://karate-kill.com/

世界のジャンル映画ファンを魅了した、ロサンゼルス在住の映画監督・光武蔵人の最新作!
【終了日:11/4(金)※1週間限定上映】

【原題】Karate Kill
【監督】光武蔵人
【キャスト】ハヤテ,紗倉まな,亜紗美,カーク・ガイガー,カタリナ・リー・ウォーターズ
2016年/日本/89分/マメゾウピクチャーズ/DCP

オンラインチケット購入はこちら
十分余裕をもってお座りいただけます。
10月29日(土)
13:35〜15:05
10月30日(日)〜11月04日(金)
18:55〜20:30
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
前売り券を1,400円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)、ネットショップ(10/25(火)まで)

前売り券特典:ポストカード
10/29(土)13:35回の上映後、初日舞台挨拶開催
登壇者:ハヤテさん、亜紗美さん、鎌田規昭さん、光武蔵人監督
※パンフレット、ポスター購入者へのサイン会あり

海外マーケットを視野に入れた新しいスタイルのアクション映画を製作するマメゾウピクチャーズによる長編映画第2弾!!

バイオレンスアクション『サムライ・アベンジャー/復讐剣盲狼』『女体銃 ガン・ウーマン GUN WOMAN』で世界のジャンル映画ファンを魅了した、ロサンゼルス在住の日本人映画監督・光武蔵人の最新作。本編は、幼い頃に両親を亡くした日本人空手家が最愛の妹をアメリカのカルト集団から救うため、アメリカ本土に殴り込むストーリー。撮影は米ロサンゼルスで2015年9月下旬~10月頭の全18日間、東京で1日だけという、ほぼ全編アメリカ撮影の意欲作。1970年代に一世を風びしたマーシャルアーツ映画のDNAを受け継いだ作風が光る。
主演を務めるのは、2014年の『少女は異世界で戦った』(金子修介監督、マメゾウピクチャーズ映画第1弾作品)で銀幕デビューしたアクションパフォーマーのハヤテ。空手の師範で、日本国内屈指のパルクールコーディネーターとしても実績を持つ新鋭俳優。主人公の妹役にはセクシーアイドル・紗倉まな。他にも『女体銃 ガン・ウーマン GUN WOMAN』主演の亜紗美、ハンガリー映画『リザとキツネと恋する死者たち』で日本人歌手の幽霊役を演じたデンマーク俳優デヴィッド・サクライ、『ムカデ人間』シリーズの北村昭博らが共演。加藤雅也、仁科貴が特別出演している。

【STORY】

寡黙でストイックなケンジ(ハヤテ)は、女優を夢見てロサンゼルスに留学した妹マユミ(紗倉まな)が音信不通になったことで不安を募らせ、渡米する。マユミはその頃、テキサス州エルパソ郊外の辺境にある謎の組織「キャピタル・メサイア」に捕らえられていた。そこには、教祖バンデンスキー(カーク・ガイガー)が経営する超高額の会員制違法サイトでインターネット中継される、本物の拷問や強姦、殺人のいけにえが世界中から集められていた。「空手で強くなって、絶対にマユミを守ってやるから」という幼い頃の誓いを胸に、ケンジは殺人空手を炸裂させる。

関連映画
「KARATE KILL カラテ・キル」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)