kapiw(カピウ)とapappo(アパッポ) アイヌの姉妹の物語 screen ベティ

公式サイト: http://www.kapiapamovie.com/

ウポポ〈唄〉にカムイ〈神〉が降りてきた
【終了日:5/19(金)※1週限定上映】

【監督】佐藤隆之
【キャスト】床絵美,郷右近富貴子,海沼武史
2016年/日本/112分/オリオフィルムズ /DCP

オンラインチケット購入はこちら
十分余裕をもってお座りいただけます。
5月13日(土)〜5月19日(金)
09:05〜10:55
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,700 ¥1,400 ¥1,100
会員 ¥1,400 ¥1,100 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
・5/13(土)上映後、
 佐藤隆之監督の初日舞台挨拶あり。

パンフレットをネットショップで販売中

生きること、歌うこと
~アイヌの姉妹の物語~

北海道阿寒湖コタン生まれのアイヌの姉妹の2011年の物語。
幼い頃から阿寒湖コタンで伝統の唄や踊りを学んできたふたりだったが、長らく東京と北海道に離れて暮らす。
東日本大震災をきっかけに。姉は子どもを連れて阿寒湖に避難することになる。
そこでふたりを待っていたのは、初めてのデュオライブの企画だった…。

<絵美・kapiw>
東京高尾で暮らす絵美(kapiw)は3人の子どもを育てながら、ときにはアイヌ関連のイベントで歌やムックリを披露する日々を送る。
地元の音楽家・カイヌマとのユニット【riwkakant】のCD発表から数年が経ち、最近では音楽活動の先が見えなくなっていた。
慌ただしい生活の中、絵美の頭をよぎるのは故郷・阿寒湖の景色だった。

<カイヌマ>
『歌ってる瞬間にしかアイヌ民族っていないんだよ。
だって日常生活にアイヌ語使ってるわけじゃないでしょ?』
絵美の音楽上のパートナー・カイヌマの、アイヌヘイトまがいの発言。
アイヌの歌い手・絵美をプロモートしてきたはずの彼にしていったい何故? 
その裏には音楽活動から得たアイヌに対する複雑な思いがあったのだった…。

<富貴子・apappo>
一方、阿寒湖アイヌコタンでアイヌ料理店を営む富貴子(apappo)は観光地の暮らしに追われ、日々披露する歌や演奏・踊りはいつしか【生活の手段】となっていた。
春となれば山に山菜を採り、草木染め、刺繍などのアイヌ文化を学ぶコタンの日常。
コタンに根を下ろし伝統を受け継ぐことに誇りをもつ富貴子だが、姉の活躍ぶりが眩しくもあった。

関連映画
「kapiw(カピウ)とapappo(アパッポ) アイヌの姉妹の物語」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)