ざ・鬼太鼓座 デジタルリマスター screen ジャック

ドキュメンタリーもフィクションも超える映画の臨界点!!
映画監督加藤泰、生誕100年。幻の遺作、ついに封印が解かれる!
【終了日:5/12(金)※1週限定上映】

【監督】加藤泰
【キャスト】河内敏夫,林英哲,大井良明,藤本吉利,高野巧
1981年/日本/105分/松竹メディア事業部 /DCP

オンラインチケット購入はこちら
十分余裕をもってお座りいただけます。
5月06日(土)〜5月12日(金)
09:40〜11:25
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
会員 ¥1,200 ¥1,100 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000

ドキュメンタリーもフィクションも超える映画の臨界点!!

イベント上映以外は広く一般公開されず、いわば幻の映画となった、世界の名匠・加藤泰監督の遺作にして異色のドキュメンタリー「ざ・鬼太鼓座」。完成当時、試写の舞台挨拶で「生まれて始めて思う通りのことをやれた映画」と監督自身が語ったと言われる本作は佐渡ヶ島の芸能集団「鬼太鼓座」(※)の 若者たちを主人公に、セット撮影も含め、約2年かけて制作された。
その完成から35年、加藤泰監督生誕100年を記念して、35mmネガフィルムを解像度4Kでスキャン、2Kでデジタルマスター作業を行い、製作当時のスタッフ監修のもと、色調を再現。改めて海外の注目を集めた本作は、第73回ヴェネチア国際映画祭クラシック部門でワールドプレミア上映され、日本プレミアは第17回東京フィルメックスに決定。遂に、劇場公開となった。
(※)その後、鼓童、鼓童から独立した林英哲、田耕が新たに結成した鬼太鼓座が、現在も国内外で演奏活動続けている。

■解説

これだけは絶対変えられぬと思うことだけを箇条書きにして・・・。
僕たちは、
(1)鬼太鼓座の音の映画を作ろう。
(2)その音は、鬼太鼓座の若者達が、その心と体の極限を駆使して叩き、吹き、弾いて生み出すものなのを伝える映画を作ろう。
(3)その轟く響きは、誰しもぶつかる青春の一時期の懊悩 ― 自分は一体何なのだ ― の問いかけに一つの答えの手懸りを送るかも知れない、その思いをこめた映画をつくろう。
以上の三つです。―演出の言葉 加藤泰 プレスシートより―

■ストーリー

海を渡って佐渡ケ島にやってきた若者たちがいた。鬼太鼓座の座員として彼らは積雪の町や海岸を走り体を鍛え、和楽器の演奏に没頭する。「鬼剣舞」、「櫓のお七」、「桜変奏曲」、「佐渡おけさ」、「大太鼓」「モノクロームⅡ」「屋台囃子」、「津軽じょんがら節」など、数々の力強い彼らの演奏が、神社、海岸、商店街等のロケ、映画ならではの櫓や火山を模した美術セットを背景に、加藤泰監督独自のスタイルによって描かれる。

関連映画
「ざ・鬼太鼓座 デジタルリマスター」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)