ウィ・アンド・アイ screen ベティ

公式サイト: http://www.weandi.jp/

僕たちの物語は始まったばかりだーミシェル・ゴンドリー監督によるあなたの予想を裏切る青春ドラマ

【原題】THE WE AND THE I
【監督】ミシェル・ゴンドリー
2012年/アメリカ/103分/熱帯美術館/DCP上映

オンラインチケット購入はこちら
1月25日(土)〜1月31日(金)
18:15〜20:00
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,000
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
前売り券を1,500円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)
プレスシートをネットショップで販売中

本当のボク、知らなかった君、いつもの仲間、話したことのなかった物語

『エターナル・サンシャイン』『恋愛睡眠のすすめ』『僕らのミライへ逆回転』といった遊び心にあふれる快作で、日本でも多くのファンの心をつかみ、遂にはハリウッドに進出して『グリーン・ホーネット』というアメコミ大作まで手掛けた奇才ミシェル・ゴンドリー。
彼が『グリーン・ホーネット』製作の傍ら、自らの高校生時代の体験を元に撮影した最もパーソナルな作品、それが『ウィ・アンド・アイ』である。

高校時代、グループの中で役割を演じている他の高校生たちを眺めながら、次第に彼ら個人の本音やルーツが語られてゆく変化を見つめていたというゴンドリーは、それから25年後に舞台をニューヨークのブロンクスに移し、そのアイディアを結実させた。

出演者はブロンクスのコミュニティ・センター「ザ・ポイント」に集まる実在の高校生たち。彼はそこで3年に渡るインタビューを重ね、高校生たちのリアルな感情と人間関係をベースにして、下校バスで起こるティーンエイジャーたちの虚勢や不安や残酷さ、そして、なによりも個々の内に潜む本音を驚くべき鮮やかさで描き出している。

このアマチュアを起用するという手法は『僕らのミライへ逆回転』の中でも使われており、また、パリのポンピドゥー・センター内に設立した『アマチュア・ムービー・ファクトリー』における共同作業とも通底している。 また、全てのストーリーが下校バスの中で演じられながら、そのポップコーンのようにはじける会話に加えて、効果的に差し挟まれる回想や妄想シーンでは、ゴンドリーのトレードマークともいうべきオフビートなビジュアルも健在。多くのゴンドリーファンも納得だろう。

2012年カンヌ国際映画祭監督週間のオープニング作品として上映されると、「彼の最高傑作!」と絶賛する映評を続々と獲得し、ゴンドリーは出演者である高校生たちと一緒にカンヌの上映会場でその栄誉に浴した。
学期の終わりに下校する高校生たちとバスに乗り、夕刻、ハドソン河の河畔に辿り着く頃には、共に旅をした観客たちも当初は無軌道に思えた彼らの行動に一人一人の個性が潜んでいることに気づき、深い共感を覚えるに違いない。

関連映画
「ウィ・アンド・アイ」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)