ソニア ナチスの女スパイ screen ジャック

公式サイト: http://sonja-movie.com

スパイとしてナチスに潜入した女優の驚愕の実話
【終了日:2020年10/9(金)】

【原題】Spionen
【監督】イェンス・ヨンソン
【キャスト】イングリッド・ボルゾ・ベルダル,ロルフ・ラスゴード,アレクサンダー・シェアー
2019年/ノルウェー/110分/東北新社,STAR CHANNEL MOVIES/DCP

オンラインチケット購入はこちら
9月11日(金)
13:50〜15:50
21:20〜23:10 [レイト]
9月12日(土)
09:00〜10:55
13:30〜15:25
18:45〜20:40
9月13日(日)
09:00〜10:55
13:30〜15:25
9月14日(月)〜9月18日(金)
09:00〜10:55
13:30〜15:25
18:45〜20:40
9月19日(土)〜9月24日(木)
10:35〜12:30
19:00〜20:55 [レイト]
9月25日(金)
10:35〜12:30
9月26日(土)〜10月01日(木)
09:00〜10:55
17:20〜19:15
10月02日(金)
17:20〜19:15
10月03日(土)〜10月09日(金)
09:00〜10:55
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
★[レイト]回はレイトショー割引
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
会員 ¥1,200 ¥1,100 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
前売り券を1,500円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)
※前売券は日時・座席指定券とは異なります。前売券は別途、窓口にて日時・座席指定券へのお引き換えが必要です。

【第二次世界単線中、ナチス占領下のノルウェー 女優として活躍しながらスパイとしてナチスに潜入した女性の驚愕の実話──激動の時代を生き抜いたソニア・ヴィ―ゲットの真実の物語】

第二次世界大戦中のナチス占領下のノルウェーで、ソニア・ヴィ―ゲットは女優として活躍していた。その人気に目を付けたナチスの国家弁務官ヨーゼフ・テアボーフェンは、彼女をプロパガンダに利用しようと画策する。その一方でソニアはノルウェーの隣国スウェーデンの諜報部から、スパイとしてナチスに潜入することを要請される。一度はその要請を拒否するソニアであったが、逮捕された父親を解放させるため、テアボーフェンに接近し、彼の邸宅に潜入することに成功する。次第にテアボーフェンの寵愛を受け、信頼も得るようになるソニアであったが……。

主演は『ヘラクレス』(14)14やHBO®の海外ドラマ『ウエストワールド』(16)に出演し、国際的に活躍するイングリッド・ボルゾ・ベルダル。『ダウンサイズ』(18)のロルフ・ラスゴード、『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』(17)のアレクサンダー・シェーア、『プラネタリウム』(16)のダミアン・シャペルなどが脇を固める。監督はノルウェー映画界の俊英イェンス・ヨンソン、脚本は、『ヒトラーに屈しなかった王国』(16)のハラール・ローセンローヴ=エーグとヤン・トリグヴェ・レイネランド。女優として活躍しながらスパイとしてナチスに潜入した実在の女性ソニア・ヴィ―ゲット。ナチスと闘った彼女を待ち受ける運命とは──。第二次世界大戦の終結から75年。歴史の裏側に隠された驚愕の真実が明かされる。

関連映画
「ソニア ナチスの女スパイ」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)