映画批評月間 フランス映画の現在 screen ジャック

公式サイト: http://jc3.jp/mdlc/

アンスティチュ・フランセ日本が、フランスの批評家、専門家、プログラマーらと協力し、最新のフランス映画を選りすぐって紹介する特集

オンラインチケット購入はこちら
11月14日(土)
13:00〜14:50
15:00〜16:50
11月15日(日)
13:00〜14:50
15:00〜16:40
17:00〜19:00
11月16日(月)
13:00〜14:30
15:00〜16:50
17:00〜18:50
11月17日(火)
13:00〜14:20
14:30〜15:50
16:00〜17:50
11月18日(水)
13:00〜14:50
15:00〜17:20
17:30〜19:00
11月19日(木)
13:00〜14:40
15:00〜16:50
17:00〜18:50
11月20日(金)
15:00〜16:50
17:00〜18:50
11月21日(土)
15:00〜17:10
17:30〜19:30
11月22日(日)
15:00〜17:20
17:30〜19:10
11月23日(月)
15:00〜16:50
17:00〜18:50
11月24日(火)
17:00〜18:30
19:00〜20:30
11月25日(水)
17:00〜19:10
19:30〜21:00
11月26日(木)
17:00〜18:50
19:00〜21:20
11月27日(金)
17:00〜19:00
19:00〜21:00
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
会員 ¥1,000 ¥1,000 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
サービスデー対象外/リピーター割引(窓口限定/半券提示)で1000円
▼11/14(土)15:00回「ジャン・ドゥーシェ、ある映画批評家の肖像」上映前、坂本安美さん(アンスティチュ・フランセ日本 映画プログラム主任)のトークショー

▼11/15(日)13:00回「今晩おひま?」上映前、オリヴィエ・ペールさん(アルテ・フランス・シネマ ディレクター)の解説映像上映

▼11/15(日)17:00回「ティップ・トップ ふたりは最高」映前、セルジュ・ボゾン監督のトーク映像上映

▼11/20(金)17:00回「見えない太陽」上映前、オリヴィエ・ペールさん(アルテ・フランス・シネマ ディレクター)の解説映像上映

▼11/27(金)19:00回「マダム・ハイド」上映後、クレモン・ロジェさん(映画批評・プログラミング)のトークショー

アンスティチュ・フランセ日本が、フランスの映画批評家、専門家、プログラマーらと協力し、最新のフランス映画を選りすぐって紹介する 「映画批評月間~プランス映画の現在」。
Vol.01は、「リベラシオン」のジュリアン・ジュステール、 Vol.02は、アルテ・フランス・シネマのオリヴィエ・ペールが選定を担当。 批評家が選んだ新旧のフランス映画、珠玉の21本をお楽しみください。

<べスト・オブ 2018/2019>
《果敢な女性監督たち》
 『ポール・サンチェスが戻ってきた!』パトリア・マズィ (2018年/101分)
 『20年後の私も美しい』ソフィー・フィリエール (2018年/95分)
 『マイ・レボリューション』ジュディット・デヴィス (2019年/88分)
《あらたなる風景、若者の現在》
 『ワイルド・ボーイズ』ベルトラン・マンディコ (2018年/110分)
 『僕らプロヴァンシアル』ジャン=ポール・シヴェラック (2018年/137分)
 『宝島』ギヨーム・ブラック (2018年/97分)
《批評家のドキュメンタリー》
 『ジャン・ドゥーシェ、ある映画批評家の肖像』ファビアン・アジェージュ、ギヨーム・ナミュール、ヴァンサン・アセール (2017年/85分)
《見出された映画作家ギイ・ジル》
 『海辺の恋』 (1963/73分)
 『オー・パン・クペ』 (1967年/71分)
 『地上の輝き』 (1969/102分)

<2019年ベストアルテ共同製作作品>
 『アリスと市長』監督:ニコラ・パリジェ(2019年/105分) 第72回カンヌ国際映画祭監督週間出品
 『君は愛にふさわしい』監督:アフシア・エルジ(2019年/107分) 第72回カンヌ国際映画祭批評家週間で上映
 『リベルテ』監督:アルベルト・セラ(2019年/138分) 2019年カンヌ国際映画祭「ある視点」部門受賞作品
 『シノニムズ』監督:ナダヴ・ラビド(2018年/123分) 69回ベルリン国際映画祭金熊賞受賞
 『見えない太陽』監督:アンドレ・テシネ(2019年/102分)
 『カブールのツバメ』監督・脚本:ザブー・ブライトマン&エレア・ゴべ・メヴェレック(2019年/82分) 2019年カンヌ国際映画祭ある視点部門コンペティション出品
<セルジュ・ボゾン特集>
 『マダム・ハイド』(2018年/96分) ロカルノ国際映画祭最優秀女優賞受賞(イザベル・ユペール)
 『ティップ・トップ ふたりは最高』(2014年/107分) 2013年カンヌ国際映画祭監督週間出品
<ジャン=ピエール・モッキー特集>
 『今晩おひま?』(1959年/78分)
 『ソロ』(1970年/ 89分)
 『赤いトキ』(1975年/87分)

各プログラムの詳細は特集PDFにてご確認ください。

 

関連映画
「映画批評月間 フランス映画の現在」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)