鉄くず拾いの物語 screen ベティ

保険証を持っていないため手術を受けられなかった女性ー。当事者を起用して映画化し、ベルリン国際映画祭銀熊賞ダブル受賞。

【原題】Epizoda u zivotu beraca zeljeza
【監督】ダニス・タノビッチ
【キャスト】セナダ・アリマノビッチ,ナジフ・ムジチ
2013年/ボスニア・ヘルツェゴビナ,フランス,スロベニア/74分/ビターズ・エンド/DCP上映

オンラインチケット購入はこちら
2月01日(土)〜2月06日(木)
13:50〜15:10
20:30〜21:45 [レイト]
2月07日(金)
13:50〜15:10
2月08日(土)〜2月14日(金)
13:55〜15:10
2月15日(土)〜2月21日(金)
10:00〜11:20
2月22日(土)〜2月28日(金)
18:55〜20:15
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,000
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
★[レイト]回はレイトショー割引
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
会員 ¥1,200 ¥1,000 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
パンフレットをネットショップで販売中

人生は時として、あまりにも理不尽で厳しい

ボスニア・ヘルツェゴヴィナに暮らすロマの一家は、貧しくも幸福な日々を送っていた。
ある日、3人目の子供を身ごもる妻・セナダは激しい腹痛に襲われ病院に行く。 そこで医師から今すぐに手術をしなければ危険な状態だと、夫・ナジフに告げられた。しかし保険証を持っていないために、 鉄くず拾いで生計を立てている彼らにはとうてい支払うことのできない手術代を要求される。妻の手術を懇願するも病院側は受け入れを拒否。 「なぜ神様は貧しい者ばかりを苦しめるのだ」と嘆きながら、ただ家に帰るしかなかった・・・。
家族を守るために奔走する無骨だか優しい眼差しのナジフ。 懸命に試練と向きあい、決して憤ることなく、大切な人と共に生きることの意味を静かに投げかける彼の姿に、観る者は心を揺さぶられるだろう。

戦争の愚かさを描いた『ノー・マンズ・ランド』で、アカデミー賞(R)外国語映画賞など数々の賞を受賞し衝撃のデビューを飾ったダニス・タノヴィッチ。 その後もエマニュエル・ベアールを始めとする名だたる俳優たちが共演した『美しき運命の傷痕』を発表するなど世界を舞台に活躍。 2011年に故郷ボスニア・ヘルツェゴヴィナの新聞で、ナジフとセナダに起こった“できごと“を知り「何としても映画にして、世間に訴えなければいけない」 と立ち上がった。ボスニア紛争の最前線で記録映像を撮っていたころのシンプルな手法に立ち戻り、たった1万3000ユーロの自己資金でわずか9日間の撮影を敢行。 実際の当事者であるナジフとセナダを出演させ、まるでドキュメンタリーのような緊張感のある映像世界を創り上げる。 夫婦の記憶を一緒に辿るドキュドラマという斬新なアプローチで、感情の機微を丁寧にすくい取る感動作を誕生させた。

関連映画
「鉄くず拾いの物語」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
横濱インディペンデント映画祭
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)