やすらぎの森 screen ベティ

トム・ウェイツの名曲<タイム>にのせて贈る、ケベックの森から届いた世捨て人たちの心にしみこむ人生讃歌
【終了日:未定】

【原題】Il pleuvait des oiseaux
【監督】ルイーズ・アルシャンボー
【キャスト】アンドレ・ラシャペル,ジルベール・シコット,レミー・ジラール,ルイーズ・ポルタル
2019年/カナダ/126分/エスパース・サロウ/DCP

オンラインチケット購入はこちら
6月12日(土)〜6月18日(金)
11:15〜13:25
6月19日(土)〜6月25日(金)
15:10〜17:20
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
前売り券を1,500円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)
※前売券は日時・座席指定券とは異なります。前売券は別途、窓口にて日時・座席指定券へのお引き換えが必要です。
前売り券特典:トートバッグ

雨のように鳥が降り
やがて、悲しい雨は愛に変わる

カナダ・ケベック州、人里離れた深い森。湖のほとりにたたずむ小屋で、年老いた3人の男性が愛犬たちと一緒に静かな暮らしを営んでいた。それぞれの理由で社会に背を向け、世捨て人となった彼らの前に、思いがけない来訪者が現れる。その80歳の女性ジェルトルードは、少女時代に不当な措置によって精神科療養所に入れられ、60年以上も外界と隔絶した生活を強いられていたのだった。世捨て人たちに受け入れられたジェルトルードは、マリー・デネージュという新たな名前で新たな人生を踏み出し、澄みきった空気を吸い込みながら、日に日に活力を取り戻していく。しかし、その穏やかで温かな森の日常を揺るがす緊急事態が巻き起こり、彼らは重大な決断を迫られていくのだった……。新しい出逢いと湖畔での穏やかな共同生活。80代の男女を主人公に迎え、人生の晩年をいかに生きるかというテーマを詩情豊かに綴る、愛と再生の物語が誕生した。

【カナダの名優、ケベックの才能が結集し、みずみずしく紡ぎ上げた映像世界】

シェルとルード/マリー・デネージュを演じるのは、金髪とクラシックな美貌を持つがゆえに、“ケベックのカトリーヌ・ドヌーヴ”とも呼ばれたアンドレ・ラシャペル。カナダの映画、演劇、テレビ界で約70年のキャリアを築いたこの名女優は、惜しくも2019年11月に他界し、本作が遺作となった。世捨て人のひとりチャーリー役に扮するジルベール・スィコットは本作でカナダ・アカデミー賞主演男優賞にノミネートされ、親友トム役のレミー・ジラールは同・助演男優賞を受賞。劇中で弾き語りを味わい深く披露するジラールは、ドゥニ・アルカン監督作品『みなさん、さようなら』(03)の主演俳優としても名高い。監督は、本作が3本目の長編劇映画となったケベック出身のルイーズ・アルシャンボー。本作の舞台でもあるケベック州アビティビ在住の作家、ジョスリーヌ・ソシエがフランコフォニー五大陸賞を受賞した原作小説に感銘を受け、登場人物の息づかいや自然の鼓動までも伝わってくる繊細な世界観を見事に作りあげている。

関連映画
「やすらぎの森」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)