屋根の上に吹く風は screen ジャック

本作品の公開予定:11/20(土)〜

公式サイト: https://www.yane-ue.com

授業も、テストも、クラスもないー。子どもと大人の自由と葛藤の1年を追ったドキュメンタリー

【監督】浅田さかえ
日本/108分/グループ現代/DCP

オンラインチケット購入はこちら

この学校は、冒険に満ちている。

山陰地域の自然豊かな森のなかに、生まれて間もない小さな小さな学び舎がありました。
子どもたちの主体性を最大限尊重し、すべてを自分たちで決め、生活のなかで学びを生み出すことを目標に運営されているデモクラティックスクール(民主主義の学校)。一見、型破りにも見える「自分たちなりの理想の学び場」を追い求め奔走する子どもと大人の姿から浮かび上がる「自由ってなんだろう?」「私たちの未来ってどんなだろう?」
——それは、私たちの未来につながる話でもありました。

これまで親子をめぐる数々のドキュメンタリーを制作してきた浅田さかえ(本作で映画初監督)が、ひょんな出会いから単身で臨んだ、2018年2月から2019年6月までの300時間以上に及ぶ撮影記録。浅田の人柄と等身大の眼差しが捉えたスクールのありのままの姿が、108分の映画作品として、ここに誕生しました。

鳥取県智頭町にある新田サドベリースクール。
授業は行われておらず、子どもたちは朝からゲームや屋根登りに夢中だ。
子どもの “やりたい”を一番に尊重するこの学び舎では、ルール作りから全体運営まですべて子どもたちが携わり、自分で考え判断し、解決する力を身につけていけるよう運営されている。学年分けもなく、サポート役の大人も「先生」ではなく、子どもたちによって選ばれる「スタッフ」と呼び、「今日1日、何をするのかしないのか」すべて子ども自身が決めていく。
…だけど、自由とは何だろう?最初は楽しかったけれど、何もしなければただ退屈な時間だけが過ぎていく。
子どもとスクールを信じつつも、時に一抹の不安は拭えない保護者たち。“黙って見守る”と“サポートする”の狭間で葛藤が絶えないスタッフたち。それでも大人は子どもたちの背中をそっと後押しする。「なんでもやってみたらいいんよ」「みんなで話し合ってみたら」
根気のいる米作り、初めての喫茶店運営、私立中学受験への挑戦、そして、それぞれの思いが交差するスタッフ選挙──悪戦苦闘しながらもひとつひとつ取り組んでいく。

…案外、自由って難しい?
「勉強もせず遊んどるがな。大丈夫かいな」近隣住民からの訝しげな視線もなんのその。
豊かな自然の四季に囲まれて、歩き始めて間もない学校作りに奮闘する、大人と子どもの悲喜こもごもの一年を追いかけた。

「屋根の上に吹く風は」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)