凶悪 screen ベティ

公式サイト: http://www.kyouaku.com/

死刑囚が告白した史上最悪の事件ー。
あなたの心を突き破る、極限のドラマが幕を開けるー

【原題】凶悪
【監督】白石和彌
【キャスト】山田孝之,ピエール瀧,リリー・フランキー,池脇千鶴,白川和子
2013年/日本/128分/日活 /DCP上映

オンラインチケット購入はこちら
2月15日(土)〜2月21日(金)
15:30〜17:40
20:05〜22:15 [レイト]
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,000
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
★[レイト]回はレイトショー割引
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
会員 ¥1,200 ¥1,000 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
パンフレットをネットショップで販売中

人間はどこまで凶悪になれるのか。誰もが凶悪となりうるのか。
そして、人間が持つ正義とは――。

死刑囚の告発をもとに、ジャーナリストが闇に埋もれた殺人事件を暴き、犯人逮捕へと導いた顛末を綴った 新潮45編集部編『凶悪 -ある死刑囚の告発-』(新潮文庫刊)。
この驚愕のベストセラー・ノンフィクションが個性溢れるキャストを迎え映画化。人間が内に秘める心の闇へ切り込んだクライム・サスペンスとして完成した。

事件の真相を暴きだそうとする主人公のジャーナリスト・藤井には、その表現豊かな演技に海外からも熱い視線が注がれている山田孝之。復讐心をたぎらせ獄中から未解決事件を告発する死刑囚・須藤役に大人気テクノバンド・電気グルーヴのメンバーであり、俳優やタレントとしても活動する、ピエール瀧。

告発された殺人事件の首謀者と目される“先生”役をさまざまな分野で活躍するリリー・フランキーが演じ、悪の権化ともいうべき絶対的“凶悪”を怪演。事件の異常さに触発されていく藤井を支える妻・洋子を池脇千鶴が演じ、脇を固める。
監督は故・若松孝二に師事した気鋭の白石和彌が務め、現代社会が抱える闇に深く切り込んでいく。
殺人事件の真相とともに、白か黒かで括れない人間の本質にも迫る重量級の人間ドラマ『凶悪』。この秋、観る者の心を衝き破る極限のドラマが誕生する。

関連映画
「凶悪」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)