パッション screen ジャック

女の敵は、女。ブライアン・デ・パルマ監督が仕掛けるスリルとサスペンス。

【原題】Passion
【監督】ブライアン・デ・パルマ
【キャスト】レイチェル・マクアダムス,ノオミ・ラパス,カロリーネ・ヘルフルト,ポール・アンダーソン
2012年/フランス,ドイツ合作/101分/ブロードメディア・スタジオ /DCP上映

オンラインチケット購入はこちら
2月15日(土)〜2月21日(金)
16:40〜18:20
20:30〜22:10 [レイト]
2月22日(土)〜2月28日(金)
18:40〜20:20
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,000
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
★[レイト]回はレイトショー割引
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
会員 ¥1,200 ¥1,000 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
パンフレットをネットショップで販売中

その時、寄せた好意は、抑えられない殺意へと変貌したー。

若くして世界的な広告会社の重役の地位にのぼりつめたクリスティーンは、仕事でもプライベートでもとことん貪欲な女性である。キャリアアップのためなら手段を選ばない彼女は、有能かつ従順な部下のイザベルが考案した斬新なCMのアイデアを横取りし、まんまと社長の信頼を勝ち得ることに成功する。
しかし都合のいい操り人形として手なずけたはずのイザベルがまさかの反撃に転じたことから、ふたりの出世争いは危険なパワーゲームへと激化。女性の内なる魔性のダークサイドを呼び覚ますその攻防は、ついにはおぞましい殺人事件へと発展するのだった……。

めくるめく恐怖と謎に満ちた『キャリー』『殺しのドレス』『ミッドナイトクロス』といった傑作で“ヒッチコックの後継者”と呼ばれるほどの魔術的なサスペンス演出を披露し、『アンタッチャブル』『ミッション:インポッシブル』などの娯楽大作でも世界中を魅了してきたブライアン・デ・パルマ監督。他の追随を許さない独創的なヒット作を世に送り続けてきたこの鬼才が、『リダクテッド 真実の価値』以来5年ぶりとなる待望の新作を完成させた。

デ・パルマ監督が最も得意とするサスペンス&ミステリー・ジャンルへの復帰を果たした『パッション』は、鬼才の完全復活を鮮烈に印象づけるとともに、このうえなくセンセーショナルな題材に挑んだ意欲作である。
時代のトレンドを先取りし、生き馬の目を抜く熾烈な競争が繰り広げられる広告業界を舞台に、上司と部下の関係であり、なおかつ同世代のライバル同士でもあるキャリアウーマンふたりの闘いを描出。相手を出し抜く狡猾な駆け引きはもちろん、卑劣な官能と恥辱の罠までもが張り巡らされた物語は、中盤にショッキングな殺人シーンが炸裂するクライム・スリラーに転じ、さらにはその背後に仕組まれた完全犯罪をめぐるミステリーへと変貌を遂げていく。
流麗な技巧を極めたサスペンス術で観る者を幻惑し、エクスタシーにも似た甘美な陶酔へと誘う“デ・パルマ・マジック”の真骨頂がここにある。

関連映画
「パッション」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)