もうひとりのシェイクスピア screen ベティ

公式サイト: http://shakespeare-movie.com/

18世紀以来語られて来た“シェイクスピア別人説”
そのあり得たかもしれない真実を、大胆に描いた歴史ミステリー。

【原題】Anonymous
【監督】ローランド・エメリッヒ
【キャスト】リス・エバンス,バネッサ・レッドグレーブ,ジョエリー・リチャードソン,デビッド・シューリス
2011年/アメリカ/129分/ファントム・フィルム/DCP上映

オンラインチケット購入はこちら
2月16日(土)〜2月22日(金)
14:00〜16:10
20:00〜22:10 [レイト]
2月23日(土)〜3月01日(金)
10:15〜12:30
17:15〜19:30
3月02日(土)〜3月08日(金)
16:10〜18:20
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,000
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
★[レイト]回はレイトショー割引
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
会員 ¥1,200 ¥1,000 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
前売り券を1,500円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)、有隣堂伊勢佐木町本店
前売り券特典:ポストカードセット(劇場分のみ)

16世紀末、エリザベス女王との禁じられた愛に生き、
王位継承をめぐる陰謀に翻弄されたひとりの貴族の物語。

史上最高の劇作家ウィリアム・シェイクスピア。
しかし、その生涯は謎に包まれている。彼が残した戯曲37作品、ソネット154篇、物語詩数編は、英語における究極の表現として知られる。にも関わらず、シェイクスピア本人による自筆の原稿はこの400年もの間、何ひとつとして見つかっていない。
イングランドの田舎町ストラトフォード・アポン・エイヴォンに生まれ育ち、高等教育を受けた形跡もない彼が、何故あれほど深い教養を持ち、宮廷の事情にも通じていたのか? もしかしたら傑作といわれる戯曲、詩の数々の作者は別にいたのではないか?

この“シェイクスピア別人説”は、18世紀に始まった論争で、誰がシェイクスピアだったのか数々の説を生みながら、今なお批評家たちの心をとらえ続けている。論争はアカデミックな分野だけではなく、精神分析学者のフロイト、作家のマーク・トウェイン、映画人ではチャーリー・チャップリンやオーソン・ウェルズといった著名人も関心を寄せ、彼らも“別人説”を支持してきたのである。

映画は、別人説の中で、現在もっとも有力とされている“第17代オックスフォード伯エドワード・ド・ヴィア”が真の作者ではなかったか、という説に立ち、なぜ彼がその真実を隠さねばならなかったのか、その謎に迫る。 そこから浮かび上がるのは、数奇な運命に翻弄された悲劇の男の物語。第一級エンタテイメントとして堪能できる歴史ミステリーがここに誕生した。

関連映画
「もうひとりのシェイクスピア」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)