AKIKO あるダンサーの肖像 screen ジャック

アキコはダンサーであり、創作家であり、教師であって、彼女自身の芸術の主人公である

【原題】AKIKO あるダンサーの肖像
【監督】羽田澄子
【キャスト】アキコ・カンダ
1985年/日本/107分/自由工房 /DV-CAM上映

オンラインチケット購入はこちら
5月24日(土)〜5月30日(金)
10:00〜11:50
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,300 ¥1,000 ¥1,000
会員 ¥1,000 ¥1,000 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000

「そしてAKIKOは…あるダンサーの肖像」公開記念リバイバル上映

「AKIKO-あるダンサーの肖像―」は、おそらくは年齢的にも精神的にも、ピークと思われるアキコ・カンダの姿が、羽田監督の鋭いがしかし全てを包容する暖かい眼差しによって、余すところ無くとらえられている。

アキコが踊り始めたのは7歳のときであった。女子大生になったアキコは、マーサ・グラ―ム舞踏団の日本公演に衝撃を受け、マーサの門をたたく決心をする。大学を中退し、アキコは19歳で一人ニューヨークへ行く。彼女はすぐに舞踏団の主要メンバーに抜擢された。こうしてマーサの元で6年間を過ごす間に、アキコは「マーサによって体全体、細胞のひとつひとつまでに、ダンサーの体に作り変えられた」という。

帰国したアキコに、マーサの影響から脱却し、自分自身のダンスを創造するための苦闘が始まる。しかし彼女独自の“ことば”を語りだしてから、彼女の足跡は輝かしいものとなった。数々の作品が生み出され、多くの賞を得る。アキコはダンサーであり、創作家であり、教師であって、彼女自身の芸術の主人公である。

関連映画
「AKIKO あるダンサーの肖像」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)