フォンターナ広場─イタリアの陰謀 screen ジャック

公式サイト: http://moviola.jp/fontana/

ミラノ、フォンターナ広場の悲劇はその後のイタリアを変えた。数々の映画賞に輝く名匠の新たな傑作。

【原題】Romanzo di una strage
【監督】マルコ・トゥリオ・ジョルダーナ
【キャスト】ヴァレリオ・マスタンドレア, ヴィエルフランチェスコ・ファヴィーノ, ミケーラ・チェスコン
2012年/イタリア, フランス/129分/ムヴィオラ/DCP上映

オンラインチケット購入はこちら
5月17日(土)〜5月23日(金)
13:35〜15:50
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,000
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
1週限定上映
パンフレットをネットショップで販売中

学生運動の波が高まる69年のイタリア。
かの有名なミラノの大聖堂ドゥオモの裏にあるフォンターナ広場で、全国農業銀行が何者かによって爆破された。イタリア最大の未解決事件<フォンターナ広場爆破事件>。事件から44年後の今も、その真犯人は明らかにされていない。多くの若者が理想を信じ、世界を変えようとした時代は、この事件で終わった。犯人はいったい誰だったのか?操っていたのは誰だったのか?イタリア政府はすべてを知っていたのではないか? 東西冷戦のさなか、事件を闇に葬った巨大な力の前に、イタリアは青春に決別した。

1969年12月12日16時37分。ミラノ。
フォンターナ広場にある全国農業銀行が爆破された。死者17人、負傷者88人。ミラノ警察は左翼の犯行を疑い、アナキストたちを次々に連行。彼らのリーダー的存在である鉄道員ピネッリも容疑者とされた。
だが現場の指揮をとるカラブレージ警視は、ピネッリの人間性を信頼し、その犯行を簡単には信じられなかった。
そして、ある夜、思いがけぬアクシデントが起こる。ピネッリが、取調中に転落死を遂げたのだ。自殺か、事故死か、殺人か。ピネッリの妻は夫の無実を信じ、警察を訴える。
カラブレージ警視は裁判でその矢面に立たされながらも、次第に事件の真相に近づいていくが、そこには知ってはならない真実があった……。

監督は、大ヒット作『輝ける青春』の名匠マルコ・トゥリオ・ジョルダーナ。まだ十代の青年だった当時、この現場に居合せ、事件を目撃して以来いつか必ず映画にしたいと願いつづけ、満を持して映画化に取り組んだ。その演出は、全編緊迫感に溢れ、一瞬たりとも見逃せない映像の力はまさに圧倒的。同時に、巨大な力に翻弄されながらも真実を見いだそうとする人間の葛藤、信念、希望、絶望、そして愛を描きり、深い感銘を与える。

関連映画
「フォンターナ広場─イタリアの陰謀」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)