神聖ローマ、運命の日 オスマン帝国の進撃 screen ジャック

歴史の大きな転換点となった世紀の戦いを、総製作費約16億円で描き出す、破格のスペクタクル歴史大作‼

【原題】11 settembre 1683
【監督】レンツォ・マルチネリ
【キャスト】F・マーレイ・エイブラハム,イエジー・スコリモフスキ,エンリコ・ロー・ベルソ,ピョートル・アダムチク
2012年/イタリア,ポーランド /120分/アルシネテラン /DCP上映

オンラインチケット購入はこちら
6月21日(土)〜7月04日(金)
10:00〜12:05
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,000
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
パンフレットをネットショップで販売中

その勝敗により現代社会のあり方さえ変わっていたかもしれない、歴史の大きな転換点となった世紀の戦い

キリスト教勢力とイスラム教勢力が、激しい攻防戦を繰り広げる17世紀後半のヨーロッパ。オスマン帝国の大宰相カラ・ムスタファ率いるトルコの大軍30万が、満を持してヨーロッパへの侵攻を開始し、“黄金のリンゴ”と呼ばれる、ハプスブルク家の都ウィーンを包囲する。

ウィーンの兵力はわずか1万5000。オイゲン公の槍騎兵やザクセン、バイエルンなどの援軍を含めても、総勢5万足らずだ。絶体絶命の淵で、神聖ローマ皇帝レオポルト1世に召喚されウィーンに赴いたのは、病を治す奇跡の修道士として、民衆から慕い敬われるマルコ・タヴィアーニだった。

さらに、4万の援軍を従えてウィーンを目指す、名将の誉れ高いポーランド王ヤン3世ソビェスキ。果たして、キリスト教勢力は、神聖同盟として一致団結し、ウィーンを守り抜くことができるのか。イスラム教勢力の脅威が頂点に達した1683年9月11日。ついに、ヨーロッパの運命を賭けた大決戦の火蓋が切って落とされる‼

砂塵を舞い上げウィーンに進撃するトルコ軍のおびただしい軍勢。爆破によって崩れ落ちた、城壁の瓦礫の上で展開する、凄まじい戦闘。そして、砲弾が炸裂し、矢が飛び交い、無数の人馬が入り乱れて鮮血に塗れる、運命を決するクライマックスの凄絶な乱戦など、まるで戦いの只中にいるような臨場感と躍動感にあふれる、ダイナミックで迫真に満ちた迫力映像は、圧巻である。
加えて、17世紀ヨーロッパの王侯貴族の煌びやかなファッションや生活様式や、ゴージャスでエキゾチックなライフ・スタイルも、コスチュームプレイならではの醍醐味の1つ。また、実は少年時代に偶然出会い生死を分けた、マルコ修道士と大宰相カラ・ムスタファの運命のいたずらとも言える因縁や、信仰心という価値観の相違から、別れざるを得なかったアブールとレーナの悲恋など、歴史の陰で綴られるドラマティックな人間模様も、本作の胸を打たれる深い味わいである。

関連映画
「神聖ローマ、運命の日 オスマン帝国の進撃」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)