チョコレートドーナツ screen ジャック

公式サイト: http://bitters.co.jp/choco/

世界の片隅で家族になった3人。実話から生まれた魂を震わす物語。

【原題】Any Day Now
【監督】トラビス・ファイン
【キャスト】アラン・カミング,ギャレット・ディラハント,アイザック・レイバ,フランシス・フィッシャー,グレッグ・ヘンリー
2012年/アメリカ/97分/ビターズ・エンド/DCP上映

オンラインチケット購入はこちら
4月26日(土)〜5月02日(金)
10:00〜11:40
15:20〜17:00
20:55〜22:30 [レイト]
5月03日(土)〜5月09日(金)
14:05〜15:45
20:40〜22:15 [レイト]
5月10日(土)〜5月16日(金)
09:50〜11:30
13:15〜14:55
18:45〜20:20
5月17日(土)〜5月23日(金)
12:55〜14:35
5月24日(土)〜5月30日(金)
17:10〜18:50
5月31日(土)〜6月06日(金)
11:40〜13:20
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,000
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
★[レイト]回はレイトショー割引
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
会員 ¥1,200 ¥1,000 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
前売り券を1,500円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)、ネットショップ(4/22(火)まで)有隣堂伊勢佐木町本店
前売り券特典:ポストカード※劇場販売分のみ
・5/3(土)〜5/9(金)期間中、14:05回/20:40回の整理番号を、劇場オープン時より窓口にて発券いたします。前売券をお持ちの方も整理券をお受け取りください。
パンフレットをネットショップで販売中

僕たちは忘れない。マルコと過ごした愛しい日々。

1970年代のアメリカ・ブルックリンで実際にあった「障がいを持ち、母親に育児放棄された子どもと、家族のように過ごすゲイの話」。
本作はモデルになった男性と同じアパートに住んでいたジョージ・アーサー・ブルームによってシナリオ化された。2011年、トラヴィス・ファイン監督はこのシナリオを読み、崩れ落ちて涙を流したという。トラヴィス自身はゲイではない。だが、愛するわが子を奪われる苦しみに普遍性を感じたという。
出会うこと、求めること、守ること、愛すること……ゲイもダウン症も関係なく、魂のレベルで求め合う愛はすべての人の心に届く。そして、『チョコレートドーナツ』は全米中の映画祭で上映され感動の渦に巻き込み、各地で観客賞を総ナメにするという快挙を成し遂げた。

1979年、カリフォルニア。シンガーを夢見ながらもショーダンサーで日銭を稼ぐルディ。正義を信じながらも、ゲイであることを隠して生きる弁護士のポール。母の愛情を受けずに育ったダウン症の少年・マルコ。世界の片隅で3人は出会った。
そして、ルディとポールは愛し合い、マルコとともに幸せな家庭を築き始める。ポールがルディのために購入した録音機でデモテープを作り、ナイトクラブへ送るルディ。学校の手続きをし、初めて友達とともに学ぶマルコ。
夢は叶うかに見えた。しかし、幸福な時間は長くは続かなかった。ゲイであるがゆえに法と好奇の目にさらされ、ルディとポールはマルコと引き離されてしまう……。
血はつながらなくても、法が許さなくても、奇跡的に出会い深い愛情で結ばれる3人。見返りを求めず、ただ愛する人を守るために奮闘する彼らの姿に我々は本物の愛を目撃する。

関連映画
「チョコレートドーナツ」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)