怒れ!憤れ!ステファン・エセルの遺言 screen ベティ

公式サイト: http://www.moviola.jp/dofun/

世界の不公正に抵抗した矜持の人。2013年に死去したエセルの遺言ともいうべき書、「怒れ!憤れ!」を映像化!

【原題】Indignados
【監督】トニー・ガトリフ
【キャスト】ベティ,イサベル,フィオナ・モンベ,ノリグ,ナウェル・ベン・クレム
2012年/フランス/88分/ムヴィオラ/DCP上映

オンラインチケット購入はこちら
7月26日(土)〜8月01日(金)
17:00〜18:30
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,000
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
パンフレットをネットショップで販売中

93歳の元レジスタンス闘士が書いた、わずか32ページのパンフレットが、
全世界30カ国語に翻訳され、多くの若者の心を動かした。

家族へ。ヨーロッパから良い報せを送ります。
アフリカからヨーロッパにやってきた少女。たどり着いたのはギリシャ、アテネ。仕事を探すものの、仕事どころか眠る場所にさえありつけず、警察に拘束されて強制退去させられる。
少女はフランスにたどりつく。パリ。市民や観光客の目の届かない裏通りには、多くの不法移民や差別され追放された者たちが路上に暮らす。バスティーユ広場には「真の民主主義を」と訴える若者たちが集まっていた。少女は再び、警察に捕らえら、アテネへと送り返される。その街で声をかけてきた少年の手配で、少女は1ユーロで水を売るが、何の足しにもならない。少女はよりよい場所を求めて、密航する。スペイン。世界に絶望しかけた彼女の前に、世の不正義に反対する若者たちの声が聞こえてくる……。

君は怒りをもって生きているか?
93歳の元レジスタンスの闘士が、若者たちに怒ることの大切さを語りかけた、わずか32ページのパンフレットが大ベストセラーとなって、欧米の若者の心を動かした。
エセルが訴えたのは非暴力のパワー。そのメッセージは、2011年スペイン15M運動にはじまるヨーロッパの大衆運動〈INDIGNADOS(怒れる者たち)〉に火をつけた。
パリ・バスティーユ、ギリシャ・アテネ、トルコ・イスタンブール……そしてアメリカの「ウォール街を占拠せよ」へ!
この映画は、世界中で大きな注目を浴びたエセルのその著書「怒れ!憤れ!」にインスパイアされたトニー・ガトリフ監督最新作である。
物語はあるものの、ガトリフ監督らしく、そのメッセージはむしろ、体の奥に響いてくる音楽と目に焼き付いて離れないイメージで語られる。
君は怒りを持っているか? 今の日本にエセルが問いかけている。

関連映画
「怒れ!憤れ!ステファン・エセルの遺言」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)