北朝鮮強制収容所に生まれて screen ジャック

生まれながらの政治犯として育ったシン・ドンヒョクの想像を絶する半生と、北朝鮮強制収容所の実態

【原題】Camp 14: Total Control Zone
【監督】マルク・ビーゼ
【キャスト】シン・ドンヒョク
2012年/ドイツ/104分/パンドラ/ブルーレイ上映

オンラインチケット購入はこちら
6月07日(土)
09:45〜11:30
6月08日(日)〜6月13日(金)
10:00〜11:50
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,700 ¥1,400 ¥1,000
会員 ¥1,400 ¥1,000 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
・6/7(土)9:45回上映後、イベントあり
①トーク「脱北者が見た映画『北朝鮮強制収容所に生まれて』」
司会 :石原秀子(アムネスティ・インターナショナル日本 元副理事長 神奈川連絡会代表)
トーク:脱北者の方
コメンテーター:佐伯浩明(北朝鮮難民救援基金 副理事長)
②資料配布
・国連勧告に対するアムネスティ・インターナショナルニュースリリース
・アムネスティの調査報告に基づいた「北朝鮮」の人権状況資料
・金正恩第一書記へのハガキ書き・アクション  他
【主催】アムネスティ・インターナショナル日本神奈川連絡会 北朝鮮難民救援基金

パンフレットをネットショップで販売中

世界中の映画祭で衝撃的な内容が
大きな話題を呼んだドキュメンタリー!!

北朝鮮の政治犯強制収容所第14号管理所で、政治犯の両親の“表彰結婚”の結果として生を受け、生まれながらの政治犯として育った申東赫(シン・ドンヒョク)。「北朝鮮強制収容所に生まれて」は、2005年、収容所から脱出して現在は韓国に暮らすシン・ドンヒョクの想像を絶する半生と、北朝鮮強制収容所の実態を、本人へのインタビューをもとにドイツ人監督が描きだしたドキュメンタリーです。映画は脱北した元北朝鮮の秘密警察員オ・ヨンナムと、虐待、拷問、処刑を行っていたクォン・ヒョクにも取材。衝撃的な内容に、世界の映画人が驚きの声を上げた作品です。

関連映画
「北朝鮮強制収容所に生まれて」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)