ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅 screen ベティ

公式サイト: http://nebraska-movie.jp/

アカデミー賞主要6部門ノミネート!
回り道がもたらした人生最高の当たりくじ。

【原題】Nebraska
【監督】アレクサンダー・ペイン
【キャスト】ブルース・ダーン,ウィル・フォーテ,ジューン・スキッブ,ステイシー・キーチ
2013年/アメリカ/115分/ロングライド/DCP上映

オンラインチケット購入はこちら
5月03日(土)〜5月09日(金)
10:05〜12:05
5月10日(土)〜5月16日(金)
15:05〜17:05
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,000
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
パンフレットをネットショップで販売中

世界が最上級の称賛を贈るアレクサンダー・ペイン監督の最新作にして最高傑作!

何があっても、人生は素晴らしい──些細な日常と人々の感情のひだをやさしいまなざしで見つめ、人生の豊かさを謳いあげるアレクサンダー・ペイン。世界中を笑いと涙で包んだ『アバウト・シュミット』、アカデミー賞5部門ノミネートと脚色賞受賞を果たした『サイドウェイ』『ファミリー・ツリー』で、今や比類なきヒューマンドラマの名手として讃えられるペイン監督の待望の最新作が完成した。
2013年のカンヌ国際映画祭では、主人公のウディを演じた名優ブルース・ダーンがマイケル・ダグラス、ライアン・ゴズリング、福山雅治ら並みいる実力派俳優たちを抑えて、最優秀主演男優賞を獲得するという快挙を成しとげた。
ダーンにとって、混乱を来す老齢のウディ役は、長いキャリアの中でも初めての挑戦だった。大金が当たったと信じこむ男のおかしみと切なさを飄々と演じながら、戦争に傷つき、黙々と働いてきたウディのようなありふれた男たちが、今日の社会を底辺で支えてきたことを滲みだしていく。それは普遍的な父親像そのもので、誰しもがウディを通して自身の父親と再会し、胸を熱くするに違いない。

誰が見ても古典的でインチキな手紙をすっかり信じてしまったウディは、はるか遠く離れたネブラスカまで歩いてでも賞金を取りに行くと言ってきかない。
大酒飲みで頑固なウディとは距離を置いていた息子のデイビッドだが、そんな父親を見兼ねて骨折り損だと分かりながらも、彼を車に乗せて4州にわたる旅へ出る。途中に立ち寄ったウディの故郷で賞金をめぐる騒動に巻きこまれる中、デイビッドは想像すらしなかった両親の過去と出会うのだが……。
本作では、不格好だけれど人間味にあふれた愛すべきキャラクターたちが、人生と向きあい、家族とのつながりを取り戻していく姿が、おかしくもチクリと鋭く描かれる。それは知らぬ間に共感してしまう、どこにでもある家族の風景で、いつしか彼らを愛おしく思わずにはいられない。
回り道ばかりの旅の途上で、“本当の賞金”に気づきはじめる父と息子──物語の最後に待つ、人生最高の当たりくじをあなたにも──。

関連映画
「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)