醒めながら見る夢 screen ベティ

目覚めても君と一緒に行きていくー。
ミュージシャン堂珍嘉邦主演、辻仁成監督で映画化!

【監督】辻仁成
【キャスト】堂珍嘉邦,高梨臨,石橋杏奈,村井良大,松岡充
2014年/日本 /107分/キノフィルムズ /DCP上映

オンラインチケット購入はこちら
7月26日(土)〜8月01日(金)
15:00〜16:50
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,000
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
前売り券を1,500円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)、ネットショップ(7/22(火)まで)
パンフレットをネットショップで販売中

目覚めても 君と一緒に生きていく

京都が一年で最も活気づく季節、夏。
劇団の人気演出家の優児は、誰にも告げないまま、看板女優だった恋人の亜紀と結婚し二人だけで暮らしている。優児はかつて亜紀と妹の陽菜の狭間で揺れ動き、亜紀を裏切ってしまった過去にとらわれていた。そのことで姉と距離ができてしまった陽菜は、孤独な青年、文哉と出会い、少しずつ心を通わせていく。真実の愛を求めて彷徨う彼らは、一体どこへ向かおうとしているのか。それぞれの思いが古都で交錯していく__。

主人公の優児を演じるのは、01年のデビュー以来、日本を代表するアーティストCHE­MISTRYとして活躍してきた堂珍嘉邦。
12年からはソロミュージシャンとして活動の幅を広げる彼が、11年に上演された同名­舞台に続いて主人公・優児を演じ、映画初主演を果たす。
ヒロイン・亜紀に、第65回カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品作品『ライク・­サムワン・イン・ラブ』で国際的に注目を集め、NHK朝の連続テレビ小説「花子とアン­」など出演作が多数待機している注目の若手女優 高梨臨。
妹の陽菜には、『百瀬、こっちを向いて』など話題作への出演が続き、最近ではバラエテ­ィ番組にもレギュラー出演し、幅広く活動する石橋杏奈。
陽菜に思いを寄せる文哉を、主演舞台[弱虫ペダル]シリーズなどで絶大な人気を誇る村­井良大。
更に、優児の劇団仲間を松岡充、亜紀と陽菜の母親を高橋ひとみが演じ、白昼夢のような­ラブストーリーにリアリティを吹き込んでいる。
脚本・監督は手がけたのは、小説家・ミュージシャン・演出家など多彩な顔を持つ辻仁成­。
11年に上演されロングランヒットした自身が作・演出した音楽劇[醒めながら見る夢]­を映画化した。
また、監督自らが作詞・作曲を手がけ、映画のために書き下ろした主題歌を堂珍嘉邦が珠­玉の歌声で歌い上げる。

関連映画
「醒めながら見る夢」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)