アデュー・フィリピーヌ screen ジャック

“これぞヌーヴェル・ヴァーグそのもの”と称賛されたロジエ監督作品。写真展「フランス・ヌーヴェル・ヴァーグの肖像」関連上映!

【原題】Adieu Philippine
【監督】ジャック・ロジエ
【キャスト】ジャン=クロード・エミニ,ステファニア・サバティーニ,イヴェリーヌ・セリー,ヴィットリオ・カプリオリ
1962年/フランス,イタリア/111分/紀伊国屋書店 /35mm

オンラインチケット購入はこちら
6月21日(土)
15:35〜17:25
6月23日(月)
15:35〜17:25
6月25日(水)
15:35〜17:25
6月27日(金)
15:35〜17:25
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
会員 ¥1,200 ¥1,000 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000

“永遠の青春映画”とされるロジエ長編処女作

ひとりの青年と仲良し2人組の女の子が陽気なバカンスを過ごす様子を大らかなタッチで描き、これぞヌーヴェル・ヴァーグそのものと称賛されたJ・ロジエ監督の長編処女作。
「勝手にしやがれ」の成功で一躍時代の寵児となったジャン=リュック・ゴダールが、同作のプロデューサー、G・D・ボールガールに、「ブルー・ジーンズ」でその才能を認めたロジエを推挙したことから、本作の企画が実現。自由奔放で一見デタラメ風のロジエ監督の即興主体の映画作りはボールガールを唖然とさせたが、ゴダールやフランソワ・トリュフォーらがこれを熱烈に支持。彼らが集う映画雑誌「カイエ・デュ・シネマ」の「ヌーヴェル・ヴァーグ」特集号の表紙の写真を、本作のスチールが飾ることにもなった。

関連映画
「アデュー・フィリピーヌ」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
横濱インディペンデント映画祭
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)