女は女である screen ジャック

ヌーヴェル・ヴァーグの鬼才J=L・ゴダール監督の長編第3作。写真展「フランス・ヌーヴェル・ヴァーグの肖像」関連上映!

【原題】Une Femme est une Femme
【監督】ジャン=リュック・ゴダール
【キャスト】ジャン=ポール・ベルモンド,ジャン=クロード・ブリアリ,アンナ・カリーナ
1961年/フランス/84分/新外映 /35mm

オンラインチケット購入はこちら
6月22日(日)
15:35〜17:05
6月24日(火)
15:35〜17:05
6月26日(木)
15:35〜17:05
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
会員 ¥1,200 ¥1,000 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000

ヌーヴェル・ヴァーグの鬼才J=L・ゴダール監督の長編第3作

ヌーヴェル・ヴァーグの鬼才J=L・ゴダール監督の長編第3作で、同監督初のカラー作品。ベルリン国際映画祭で審査員特別賞などに輝く、オフビートなタッチの恋愛ドラマ。
子どもを欲しいと願う女性とそれに反対する夫、女性に横恋慕する男性という奇妙な三角関係がモチーフ。とはいえ、即興的な芝居もあればミュージカル風の場面もあり、また、登場人物が観客に向かって語りかける型破りな大胆演出もありと、常にひと筋縄でいかないゴダールらしさは絶好調。
キャストが、ゴダール映画の金字塔「勝手にしやがれ」のJ=P・ベルモンドや、製作当時のゴダールの妻だったA・カリーナだったりと、キャストの息もぴったり。

関連映画
「女は女である」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)