消えた画 クメール・ルージュの真実 screen ジャック

公式サイト: http://www.u-picc.com/kietae/

闇に葬られたクメール・ルージュの悪夢。
本当の物語を語り継ぐために、僕だけが生き残ったー。

【原題】L'image manquante
【監督】リティー・パニュ
2013年/カンボジア,フランス /95分/太秦 /DCP上映

8月16日(土)
10:05〜11:45
17:15〜18:50
8月17日(日)〜8月18日(月)
17:15〜18:50
8月19日(火)〜8月22日(金)
10:05〜11:45
17:15〜18:50
8月23日(土)〜8月29日(金)
13:10〜14:50
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,000
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
前売り券を1,400円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)、ネットショップ(8/12(火)まで)
前売り券特典:ポストカード
パンフレットをネットショップで販売中

“悪”は人々の美しい思い出まで支配できるのだろうか?
数百万人の死者が眠る大地から作られた人形たちと、狂気により葬られたフィルムが、いま、光と闇の記憶を語り始める――
自身の体験を基にポル・ポト政権下のカンボジアを描く異色ドキュメンタリー

映画監督リティ・パニュは、幼少期にポル・ポト率いるクメール・ルージュによる粛清で最愛の父母や友人たちを失った。クメール・ルージュ支配下に数百万人の市民が虐殺され、カンボジア文化華やかし時代の写真や映像はすべて破棄された。
その失われた映画や写真は果たして甦るのだろうか?
奇跡的に収容所を脱出し映画監督になったリティ・パニュは「記憶は再生されるのか」というテーマを追求し、あの体験をいまに伝えることを自らに課してきた。そして本作でひとつの答えに辿りつく−−−−。犠牲者の葬られた土から作られた人形たちが、35年前の虐殺の成り行きを語り始め、発掘された映像によってその悲劇が紐解かれていくのだった。

【世界がディスコや『スターウォーズ』に夢中になっていた時代、 カンボジアで何が起きていたのか――
13歳でクメール・ルージュの大虐殺から生き延びた少年が到達した、かつて誰も見たことがない光景】

昨年のカンヌ国際映画祭〈ある視点部門〉で上映、名匠リティ・パニュが初めて自らの過酷な人生を、土人形に託して描いた作品として絶賛されグランプリを受賞した。
繰り返される人間の愚かさと醜さを、それとは正反対の繊細さと表情豊かな人形で表現し、本年度のアカデミー賞外国映画賞にカンボジア映画として初めてノミネートされ、公開が熱望されていた『消えた画 クメール・ルージュの真実』。
フィクションとドキュメンタリーというジャンルを超えて、これまで数多くの作品でカンボジアの悲劇を描いてきた、リティ・パニュ。カンボジアの幸せな家庭に育ちながら、クメール・ルージュの支配により、たったひとり13歳でカンボジアを脱出するという、誰も経験したことのない人生を本作で初めて描いた。

関連映画
「消えた画 クメール・ルージュの真実」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)