演劇1 screen ジャック

公式サイト: http://engeki12.com/

日本の演劇界を永久に変えた、平田芸術の理論と実践。
その神髄にカメラが迫る!

【監督】想田和弘
【キャスト】平田オリザ, 青年団,こまばアゴラ劇場の人々
2012年/日本,アメリカ/172分/東風/ブルーレイ上映

オンラインチケット購入はこちら
5月04日(土)〜5月07日(火)
16:30〜19:25
5月08日(水)〜5月10日(金)
19:40〜22:30
5月11日(土)
12:10〜15:05
5月13日(月)〜5月15日(水)
12:10〜15:05
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,000
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
5/12(日)12:10回「演劇2」上映後、想田和弘監督 舞台挨拶※予定
パンフレットをネットショップで販売中

芸術とは何か?

日本を代表する劇作家で演出家の平田オリザと、彼が主宰する劇団・青年団。

『演劇1』は、その創作現場にカメラを向け「平田オリザの世界」を徹底解剖する。
台詞や動きがあまりに複雑かつ自然な平田作品を、即興の産物であると勘違いする観客もいる。しかし、台詞はすべて平田によって戯曲に書き込まれ、俳優の動きや仕草は細心の注意を払って練り上げられたものである。
したがって、稽古場は修羅場と化す。現実世界を原寸大で再現した、精密モデルのような超リアルな舞台の裏では、極めて不自然で徹底的な操作が行われているのだ。

「“本当の自分”などない。人間とは“演じる生き物”であり、あるのはペルソナだけだ」と平田は喝破する。
想田和弘監督は、戯曲の執筆、稽古、照明、美術、劇団運営の実際など、あらゆる活動に密着し、その哲学や方法論、組織論を描き出す。同時に、人類誕生以来、太古の昔から続いてきた「演劇」という営みに挑むのだ。

関連映画
「演劇1」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)