サンドラの週末 screen ジャック

すべては月曜日に決まる。『ある子供』『少年と自転車』のジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ兄弟の最新作!

【原題】Deux jours, une nuit
【監督】ジャン=ピエール・ダルデンヌ,リュック・ダルデンヌ
【キャスト】マリオン・コティヤール,ファブリツィオ・ロンジョーネ,オリビエ・グルメ,モルガン・マリンヌ
2014年/ベルギー,フランス,イタリア/95分/ビターズ・エンド/DCP上映

オンラインチケット購入はこちら
5月23日(土)〜5月29日(金)
09:45〜11:25
14:10〜15:50
20:10〜21:55 [レイト]
5月30日(土)〜6月05日(金)
12:00〜13:35
19:15〜20:50 [レイト]
6月06日(土)〜6月12日(金)
09:45〜11:25
6月13日(土)〜6月19日(金)
15:30〜17:05
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,000
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
★[レイト]回はレイトショー割引
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
会員 ¥1,200 ¥1,000 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
前売り券を1,500円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)、ネットショップ(5/19(火)まで)
前売り券特典:特製、週末に会う人リストが作れる「TO DO LISTメモ」

パンフレットをネットショップで販売中

・ベルギーで長年愛され続けるロータス、オリジナルカラメルビスケットを公開初日にご来場のお客様に先着でプレゼント!
パリッとした口当たりと程よい甘さ、シナモンの香りが特徴です。

※提供:エヌアイエスフーズサービス株式会社
lotusbakeries.com

月曜日、見つけ出すのは
自分が生きる証

最強の組み合わせが生み出した
‟人の強さを信じる”感動の物語

2度のパルムドール大賞含む、カンヌ国際映画祭で史上初の5作品連続主要賞6賞の受賞を誇るダルデンヌ兄弟がマリオン・コティヤールを主演に迎え描き出したのは等身大のひとりの女性の物語。これまで、自分の想いを口にすることなく、黙々と突き進む主人公を描き続けてきたダルデンヌ兄弟が、「想いを声に出さなければ誰にも届かない」シチュエーションの中、自分の存在価値を何度も疑いながらも自身を見つけ出す女性を主人公に据えた。
この作品でマリオン・コティヤールはサンドラの弱さと強さ、繊細さ、心の機微を渾身の演技で魅せ、世界中がその演技を高く評価し数多くの主演女優賞を受賞、アカデミー賞®主演女優賞にノミネートされた。
研ぎ澄まされた演出で常に新しい世界を提示するダルデンヌ兄弟と華やかさを封印し確かな演技力を遺憾なく発揮したマリオン・コティヤール。この最強の組み合わせから“人の強さを信じる”感動の物語が誕生した。


仕事を続けるための条件__
16人の同僚のうち過半数がボーナスでなくサンドラを選ぶこと

体調不良から休職をしていたが、ようやく復職できることになった矢先の金曜日に、上司から解雇を言い渡されたサンドラ。解雇を免れる方法は、16人の同僚のうち過半数が自らのボーナスを諦めること。ボーナスをとるか、サンドラをとるか、月曜日の投票に向け、サンドラは家族に支えられながら、週末の二日間、同僚たちを説得に回る。
どのような言葉で人の心は動くのか、人生と善意は天秤に掛けられるのか、サンドラは仕事を続けられるのか……先が見えないサスペンスに満ちた展開に目が離せず、月曜日の投票の瞬間は見る者までもが緊張をしてしまう。自分ならばプライドを捨てて懇願できるだろうか、選択を迫られたならば自分ならばどちらを選ぶのか――誰もが主人公たちとともに思案する。そして、迎える光溢れるエンディング。常に不安げだったサンドラが微笑むとき、我々も安堵せずにいられない。


アカデミー、カンヌ、世界が絶賛!
観客はサンドラに寄り添い、一体となり、
そして希望を見つけ出す。

サンドラを支える夫、マニュを演じるのは『ロゼッタ』『少年と自転車』などダルデンヌ兄弟作品に欠かせない俳優、ファブリツィオ・ロンジォーネ。サンドラが諦めかけるたびにやさしくたしなめ勇気を与える。また、そのほかにもダルデンヌ監督作品常連のオリヴィエ・グルメ、モルガン・マリンヌらが出演しているのも見逃せない。
『サンドラの週末』は各賞の外国語映画賞、主演女優賞を総ナメにしたほか、シドニー映画祭グランプリをはじめ、6作品連続カンヌ国際映画祭コンペティションへ異例の出品を果たし、各メディアでダルデンヌ兄弟作品のかつてない強度とマリオンの熱演に惜しみない賞賛が贈られた。
エンディングを含め映画音楽を一切排し、使用されるのはカーラジオから流れるヴァン・モリソンの「Gloria」やペトゥラ・クラークの「La Nuit N'en Finit Plus」などのみ。主人公が知りえる情報のみを共有し、サンドラの心の動きに寄り添って一体となり、試練を乗り越えようとする。本作で描かれる人と人の絆、人間の強さ。すべてが心を揺さぶるこの物語に誰もが感嘆するだろう。

関連映画
「サンドラの週末」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
毎月の映画料金がお得になる、ジャック&ベティメンバーズクラブ、会員募集中!
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)