画家モリゾ、マネの描いた美女 名画に隠された秘密 screen ベティ

公式サイト: http://morisot-movie.com

印象派がうまれる瞬間。ルノワール、モネ、ドガとの出会いへ。

【原題】Berthe Morisot
【監督】カロリーヌ・シャンプティエ
【キャスト】マリーヌ・デルテルム,マリック・ジディ,アリス・バトード,ベランジェール・ボンブワザン,パトリック・デカン
2012年/フランス/105分/ユナイテッド・シネマ /DCP上映

オンラインチケット購入はこちら
十分余裕をもってお座りいただけます。
8月08日(土)〜8月14日(金)
09:50〜11:35
8月15日(土)〜8月20日(木)
16:05〜17:50
8月21日(金)
16:20〜18:05
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,000
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
パンフレットをネットショップで販売中

時代に翻弄された女性画家ベルト・モリゾ。
美術史とともに描かれる一人の女性の物語。

【マネの描いた謎の美女は“印象派の中心人物”だった_】

パリのオルセー美術館の至宝、エドゥアール・マネの「すみれの花束をつけたベルト・モリゾ」。日本でも人気の高い著名な名画だが、ここに描かれた美女が画家であることは、あまり知られていない。ルノワール、モネ、ドガらと共に、“印象派”誕生からの中心人物として、その発展に深く関わった女性画家だ。近年の研究で、美術史上非常に重要な人物だと再評価が高まっている。
 しかし、彼女には多くの謎が残されている。上流階級の女性が働くことなどなかった19世紀のフランスで、どうやって画家として身を立てたのか? さらに最大の謎はマネとの関係だ。師弟か友人か、それとも恋愛関係か? のちにモリゾがマネの弟と結婚したことが、さらに謎を深めている。
ベルト・モリゾ没後120周年となる今年、そんな彼女の秘密に迫る作品が誕生した。監督は、撮影監督としてジャン=リュック・ゴダール、レオス・カラックスなどの作品を手がけてきたカロリーヌ・シャンプティエ。
 パリを舞台に、ルーヴル美術館での模写や、豪華な屋敷での夜会など、当時の芸術家たちの華やかで刺激的な日々が描かれる。さらにマネの「笛吹く少年」や、当時スキャンダルを巻き起こした「オランピア」など数々の名画が登場、「バルコニー」の制作秘話も見逃せない。

 葛藤の末に、真の愛と自分らしい生き方を見出すモリゾ。彼女がキャンバスに切り取る何気ない日常の幸福こそが、人生のすべてだと教えてくれる感動作が完成した。


【愛につまずき、道に迷い、それでも人生を描き続けたベルト・モリゾが、遂に見出した希望とは_?】

1865年、フランス。パリ16区に暮らすベルト・モリゾは、サロンへの入選を目指して絵画に情熱を傾けていた。ある日モリゾはエドゥアール・マネと出会い、モデルを頼まれたことから彼のアトリエに出入りするようになる。マネはモリゾの美貌と才能に惹かれ、モリゾはマネの斬新な画風に目を開かされる。家庭に入ることを望む両親やマネとの複雑な関係、やがて始まった戦争に翻弄されながら、モリゾは自分だけの絵を探し続けるのだが──。

関連映画
「画家モリゾ、マネの描いた美女 名画に隠された秘密」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)