黄金のアデーレ 名画の帰還 screen ベティ

公式サイト: http://golden.gaga.ne.jp

ナチスに奪われたクリムトが描いた伯母の肖像画返還を求め、国を訴えた女性の奇跡の実話。
【終了日:1/22(金)※1週延長しました!】

【原題】Woman in Gold
【監督】サイモン・カーティス
【キャスト】ヘレン・ミレン,ライアン・レイノルズ,ダニエル・ブリュール,ケイティ・ホームズ,タチアナ・マズラニー
2015年/アメリカ,イギリス /109分/ギャガ /

オンラインチケット購入はこちら
十分余裕をもってお座りいただけます。
12月26日(土)〜12月27日(日)
09:45〜11:40
12月28日(月)〜12月31日(木)
09:45〜11:40
15:00〜16:50
1月02日(土)〜1月08日(金)
10:10〜12:05
19:50〜21:40 [レイト]
1月09日(土)〜1月15日(金)
16:05〜17:55
1月16日(土)〜1月22日(金)
12:00〜13:55
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,000
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
★[レイト]回はレイトショー割引
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
会員 ¥1,200 ¥1,000 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000

クリムトが描いた、一枚の肖像画。
幸せな記憶を封印したウィーンで、私は<家族>を取り戻す_

【82歳の女性と駆け出し弁護士が国を訴えた!?】

20世紀が終わる頃、ある裁判のニュースが世界を仰天させた。アメリカに暮らすマリア・アルトマン(82歳)が、オーストリア政府を訴えたのだ。
“オーストリアのモナリザ”と称えられ、国の美術館に飾られてきたクリムトの名画〈黄金のアデーレ〉を、「私に返してほしい」という驚きの要求だった。伯母・アデーレの肖像画は、第二次世界大戦中、ナチスに略奪されたもので、正当な持ち主である自分のもとに返して欲しいというのが、彼女の主張だった。共に立ち上がったのは、駆け出し弁護士のランディ。対するオーストリア政府は、真っ向から反論。
大切なものすべてを奪われ、祖国を捨てたマリアが、クリムトの名画よりも本当に取り戻したかったものとは──?

【アカデミー賞女優ヘレン・ミレン主演
深い喪失から立ち上がった女性が、国を相手に奇跡を起こす希望あふれる感動の実話。】

 実在の女性マリアを演じるのは、『クィーン』でアカデミー賞®主演女優賞を受賞、英国女王から“デイム”の称号を授与された名優ヘレン・ミレン。
いつも元気でかなり頑固、おちゃめな毒舌とユーモアが冴えるマリアを軽快に演じる。監督は『マリリン 7 日間の恋』のサイモン・カーティス。 二つの国と時代をドラマティックに行き来し、判決の興奮とその予想外の余韻を見事に描き切る。最後に明かされる真実は、観る者に前へと進む力 をくれる希望と感動の実話ヒューマンドラマ。

関連映画
「黄金のアデーレ 名画の帰還」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)