マジカル・ガール screen ジャック

魔法少女ユキコは悲劇のはじまり。
スペインが生んだ脅威の才能カルロス・ベルムト衝撃の劇場デビュー!
【終了日:4/22(金)※4/17(日)18(月)休映】

【原題】Magical Girl
【監督】カルロス・ベルムト
【キャスト】ホセ・サクリスタン,バルバラ・レニー,ルイス・ベルメホ,ルシア・ポシャン
2014年/スペイン/127分/ビターズ・エンド/DCP

オンラインチケット購入はこちら
十分余裕をもってお座りいただけます。
3月26日(土)〜4月01日(金)
15:20〜17:30
20:35〜22:45 [レイト]
4月02日(土)〜4月08日(金)
15:55〜18:05
4月09日(土)〜4月15日(金)
13:30〜15:40
4月16日(土)
09:15〜11:25
4月19日(火)〜4月22日(金)
09:15〜11:25
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,000
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
★[レイト]回はレイトショー割引
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
会員 ¥1,200 ¥1,000 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
前売り券を1,500円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)、ネットショップ
有隣堂伊勢佐木町本店(上映期間中も販売/特典は付きません)
前売り券特典:MIRAN製ブック型消しゴム
★初日来場者プレゼント!(数量限定)
チュッパチャプス 
提供元:クラシエフーズ株式会社
   


パンフレットをネットショップで販売中

独創的なストーリー、巧みな構成、予想を裏切る結末!
愛が運命を狂わせる。その速度、マジカル級!

【愛が運命を狂わせる。その速度、マジカル級!フィルム・ノワールの新たなる傑作の誕生!】

「魔法少女ユキコ」のコスチュームをきっかけに、何気なく出会い、人生が予期せぬ方向へと大きく動き出す登場人物たち。かけ違ったボタンのように狂い出した運命の歯車は、誰にも止められない。少女たちのマジカルな瞳に魅入られた男たちは、愛のために罪を犯し、無垢な心を持った女たちは、愛のために残酷な裁きを下す。愛と欲望、善意と悪意、理性と衝動、悦びと苦しみ―悲劇のパズルのピースが埋まっていくように、観る者を闇の世界へと誘ってくれる。

【アルモドバル大絶賛!17年ぶりの快挙!サン・セバスチャンでダブル受賞!】

監督と脚本を務めるのは、本作が劇場デビューとなるスペインの新星カルロス・ベルムト。イラストレーター、漫画家としてキャリアをスタートさせ映画の世界へ。自主製作で完成させたデビュー作“Diamond Flash”は、スペイン国内でオンライン配給され、2週間にわたって最も多く視聴された映画となるだけでなく、批評家からも絶賛され、映画雑誌“Caiman”が選ぶ2012年のスペイン映画第1位を獲得し、一気に注目を集める存在となる。

そして、本作『マジカル・ガール』は、2014年サン・セバスチャン国際映画祭のコンペティション部門に出品された。公式上映されるや、そのブラックユーモアに包まれた独創的なストーリー、全く先読みできない巧みな構成、スタイリッシュな映像、そして想像を絶するラストに、観客は唸り、批評家たちは舌を巻いた。映画祭を『マジカル・ガール』一色に染め、見事グランプリと監督賞をダブル受賞する快挙を成し遂げた。同映画祭において、グランプリと監督賞を同時に受賞したのは1997年のクロード・シャブロル監督の『最後の賭け』以来17年ぶりの出来事であった。また、巨匠ペドロ・アルモドバル監督は、「宝石のような映画『マジカル・ガール』。私はこの映画を猛烈に愛する」と大絶賛を贈った。

【日本は第2の故郷!作品に散りばめられた日本テイスト!】

大ファンだと公言する漫画「ドラゴンボール」にオマージュを捧げ再解釈したコミック「Cosmic Dragon」を出版する程、日本の漫画、アニメ、映画をこよなく愛するカルロス・ベルムト監督。本作『マジカル・ガール』の中には日本テイストのアイテムが至る所に散りばめられている。物語のきっかけとなる日本の架空のアニメ「魔法少女ユキコ」のキャラクターをはじめ、アリシアが踊る曲は長山洋子のデビュー曲「春はSA-RA SA-RA」。謎の車椅子の男の豪邸には黒いトカゲのマークがあり、江戸川乱歩の「黒蜥蜴」へのオマージュといえよう。更にはエンディング曲にはピンク・マルティーニがカバーした美輪明宏が作詞作曲した映画『黒蜥蜴』の主題歌「黒蜥蜴の唄」が流れるなど、監督の日本通ぶりが伺える。

【STORY】

白血病で余命わずかな12歳の少女アリシアは、日本のアニメ「魔法少女ユキコ」の大ファン。彼女の願いはコスチュームを着て踊ること。 娘の最後の願いをかなえるため、父ルイスは失業中にもかかわらず、高額なコスチュームを手に入れることを決意する。 どうしても金策がうまくいかないルイスは、ついに高級宝飾店に強盗に入ろうとする。まさに大きな石で窓を割ろうとした瞬間、 空から降ってきた嘔吐物が彼の肩にかかるー。心に闇を抱える美しき人妻バルバラは、逃げようとするルイスを呼び止め、自宅へと招き入れる。 そして…。バルバラとの“過去”をもつ元教師ダミアンは、バルバラと再会することを恐れている。 アリシア、ルイス、バルバラ、ダミアン―決して出会うはずのなかった彼らの運命は、交錯し予想もしない悲劇的な結末へと加速していく……。

関連映画
「マジカル・ガール」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)